teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL

スレッド一覧

  1. ファスティング(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Reねこ

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 2月28日(火)08時45分53秒 202.241.170.178.ap.gmobb-fix.jp
返信・引用
  ねこぱんち様

投稿ありがとうございます。

一気に5件ということはいよいよ体調も回復しているのではないでしょうか。

ねこ情報ありがとうございます。

ネームにねこをつけているだけにねこに対する蘊蓄は半端ないですね。

また、タブレットが使いこなせるようになったこともあるのではないでしょうか。

仏教と猫が関連しているというのも初めて聞きました。

面白い情報をありがとうございます
 
 

ねこ4

 投稿者:ねこぱんち  投稿日:2017年 2月27日(月)00時21分29秒 mo110-161-147-252.air.mopera.net
返信・引用
   ねこは仏教にも関わりが深いですね。
 昔は経典をねずみの害から守るために、ねこは重宝されたと言います。仏教の伝来とともに、ねこも伝わったと言われています。
 一方、キリスト教の国では、一時期、ねこは魔女の使いとみなされ、魔女狩りと共にねこも大量に虐殺されました。魔女狩りでは、多くの一般人の女性が魔女裁判にかけられ、魔女とみなされると容赦なく処刑されたそうです。
 仏教とは真逆に、外道の世界では、こういうことが行われていたんですね。「魔女かどうか」も、具体的な根拠や証拠があるわけではなく、まさに濡れ衣を着せられて、神の名の元に、殺人が正当化されていたわけですね。
 そういう歴史の事実を見ると、あの人気映画「ハリーポッター」も、なんだか見方がかわってきそうです。
 余談ですが、ぎっくり腰を英語では「魔女の一撃」と言うらしいですねうーん、痛そう。。
 また、船の中の食糧をねずみから守るため、昔は船に必ずねこが乗船していたそうです。
 忍者とねこもかかわりがあります。ねこは時間帯により瞳の大きさがかわるため、忍者はねこを飼って、時刻を計っていた、知っていたと言われています。
 アメリカ軍の戦闘機で「トムキャット」というのがありますね。
 「トムキャット」を日本語に直すと、「オスネコ」だそうです。そう、F14でしたっけ?あれは文字通り「オスネコ」。
 可変式翼を持ち、ファンの間では人気のある機体ですが、名前を聞くとちょっと意外ですね。米軍もユーモアでつけたのか、それとも名付け親がねこ好きだったのか。
 アメリカのアニメで「トムとジェリー

というのがあります。ねこのトムはいつもねずみのジェリーにやられっぱなし。
 うーん、トムキャットも、名前としてありがたいんだかありがたくないんだか・・・・・・・。
 漫画家の松本零士さんの作品にほぼ必ずと言っていいほど登場するとらねこの「ミーくん」。実は松本さん、大のネコ好き。しかもとらねこが大好き。
 なので松本零士の作品のねこは必ずとらねこ、名前はミーくん。実際、ご自身が飼っておられるねこは全部とらねこで、名前はミーくんだそうです。
 

ねこ3

 投稿者:ねこぱんち  投稿日:2017年 2月26日(日)23時54分58秒 mo110-161-147-252.air.mopera.net
返信・引用
   ねこは交通事故に遭うこともよくあります。
 ねこは敏捷性が高く、イエネコでも時速40キロ程度で走ることができます。なのになぜ車にひかれるのか?
 一つは、ねこにしてみれば車の大きさはまさに怪獣かモンスター。私たち人がねこと同じ大きさで、車を見たらどうなるでしょうか。たぶん驚きますね。
 しかも車は速度もあります。ねこはそれにびっくりして、体がこちこちにかたまってしまう。だから道路でよく立ち止まってしまい、車にひかれてしまうというわけです。
 ねこがおばかなわけでも、のろまなわけでもない。ねこと車の大きさを比べたら、まさにゴジラかキングコングが突進してくるような恐怖なわけですね。
 んで、車のヘッドライトは人間が見ても目がくらむほどまぶしいです。夜にまったく光がなくても物をはっきりと見ることのできるねこにとっては、まぶしいどころの話ではありません。
 まさに目がくらんで身動きがとれないというわけです。そう、車はねこにしてみれば、目玉が光るモンスター。
 キツネやタヌキなんかが車にひかれるのも、基本的には同じ理屈です。
 ねこが狭いところ、袋の中や箱の中、座布団なんかを好むのは、ねこの習性にあります。
 ねこは野生では、巣穴を作ってそこに入ります。つまり、狭い場所や袋、箱や座布団は、落ち着ける巣穴のようなもの。あぐらもそうです。
 だからよくあぐらをかいている人の上にどっかと乗っかってきては、そこでごろごろとのどを鳴らしています。実際、床に輪を作ると、ねこはそこに集まる習性があるようです。
 ねこを呼ぶときは、大声を出すとかえって寄ってきません。大声に驚きます。一番近寄って来る方法は、こちらもねこになりきること。
 そう、ねこの鳴き声をそのまんままねるわけです。江戸家猫八さんみたいに、「にゃーお」とやるわけです。するとねこは仲間だと思って近寄ってきます。
 実際、猫八師匠が実験で試しています。私もねこと接する富木は、だいたいねこになりきって、恥も外聞もなく「ニャーオ

と連発します。するとすぐに寄ってきますよ。
 「ニャーオ」よりは「アーオ」というべきかもしれません。あとはなでてやれば大喜びします。
 夏などにねこがよく手足もしっぽも投げ出して、大の字になってひっくりかえっていることがあります。これは熱くてたまらず、のびきっている証拠。
 脱水症状を起こす可能性が高いので、すぐに水などを飲ませて、涼しいところに連れて行きましょう。
 ただ、エアコンや扇風機などの風が直接あたるのは、ねこはあまり好まないようです。そもそも、掃除機やドライヤーの排気音も含め、「噴気音」と呼ばれる強い風の音は、ねこはあまり好きではないようです。
 

ねこ2

 投稿者:ねこぱんち  投稿日:2017年 2月26日(日)23時31分24秒 mo110-161-147-252.air.mopera.net
返信・引用
   ねこがよくしっぽを立てて人に近寄って来ることがあります。
 あれはねこが上機嫌である証拠であり、かつ、こちらにあいさつをしているしぐさです。子猫が親からお尻をなめてきれいにしてもらうときの行動の名残です。つまりこちらを親と同じだと認識していることになります。
 嫌いな相手の前では、しっぽを伏せて、体を低くし、耳を伏せてささっと小走りに逃げていきます。警戒している場合もそうです。
 ねこの瞳は昼間はほそく、夜は丸くなりますが、好きな人に近寄る時は、時間に関係なく瞳が丸くなっています。
 ねこが足踏みをして爪を立てることがありますが、これもあまえているしぐさ。子猫が親からお乳をもらっているときにする行動の名残です。
 人にまとわりついてすりよるのもあまえている証拠。ねこのひげのあたりにはにおいを出す細胞があり、「これは自分の大事なもの」とすりよっているわけです。
 なめる行動もそう。ねこは仲間同士、よく毛繕いし合いマス。つまり、こちらを毛繕いしてあげているわけです。実際、飼い主なんかの髪の毛を盛んになめることがあります。
 ねこと遊んでいて、よくかまれたりネコパンチやネコキックをされることがあります。これはねこが夢中になって興奮している証拠です。正直ネコキックはけっこう痛いですが。
 ねこの写真を撮るとき、フラッシュは使わないようにしましょう。ねこの目はご存じの通り、暗闇でもはっきりと物を見ることができます。
 これは目の中の「タペタム」という組織が光を増幅させているため。なのでフラッシュを使うと、失明する危険性があります。
 ねこのひげも中に血管と神経が通っているまさに「高感度レーダー」ですので、引っこ抜いたり、切ったりすると最悪死亡することがあります。ねこの爪にも血管や神経が通っているので、むやみに爪切りをすると死亡することがあります。
 

ねこ

 投稿者:ねこぱんち  投稿日:2017年 2月26日(日)23時13分53秒 mo110-161-147-252.air.mopera.net
返信・引用
   昨今は空前の「ねこブーム」で、「ネコノミクス」という言葉もあるほどです。
 ねこ関連商品の売り上げがかなり伸びているため、こうした言葉が生まれたようです。
 さて、よく「ねこは家につく」とか「ねこは恩をすぐ忘れる」なんて言いますよね。「犬に比べて頭が悪い」とか。そんなことはありません。
 まず、ねこは犬とはそもそも習性が違います。犬は集団で行動する生き物なので、犬社会では「上下関係」、つまり、目上か目下かという関係が犬同士、人と犬の間でも必ず発生します。
 ねこは集団で生活する生き物ではないので、人との間に「上下関係」は生まれませんが、飼い主や信頼する相手に対しては、親と子供という関係に近い態度をとります。
 ねこが人になつく場合、こちらを「親のような存在」と認識します。ねこの行動の多くは、子猫が親ネコに対してとる行動が元になっています。
 知能は人間で言うと1歳半くらいでしょうか。飼い主や信頼している人の足音をかなり遠くからでも聞き分け、出迎えに来たり、見送りしたりもします。そうした人のことは長期にわたりはっきりと覚えていますね。なので「ねこは三年の恩を三日で忘れる」という例えは間違い。
 信頼関係ができると、子猫の出産時も人に立ち会ってそばにつきそうよう、しきりにねだります。私も幾度もネコの出産には立ち会いました。
 飼い主のしぐさもきちんと見てて、ドアの開け方を覚えたり、来客があると必ず玄関まで出迎えに出たり、家の中で「自分の役割」というものを考えて行動していると思われる行為をよく見せます。
 よくネズミなどの獲物を飼い主の前に運んできて、自慢げにずらりと並べることがあります。これは叱ってはいけません。
 なぜなら、ねこにしてみればこれは、飼い主への「おみやげ」なんです。「うちのご主人はネズミを自分ではとらない(とることができない)から、プレゼントしよう」というわけです。なのでせっせとつかまえてきては、自慢げにずらりとそこに並べて、またネズミとりに出かけるわけです。
 よく見かける「ねこのしかめっ面」も、しかめっ面をしているわけではありません。あれはねこのウインクであり、ごあいさつ。「私はあなたに敵意はありません」というしぐさ。
 ねこの場合、目が合うとそこでけんかがはじまります。なので目を細めて視線をずらし、ぷいっとそっちを向く。これがいわゆる「ねこのしかめっ面」の意味なんです。笑っていると思えばいいですね。
 いや、本当に笑っているような顔をすることもあります。半眼半口の状態。これはねこがフェロモンをかいで悦に入っている顔です。
 ねこの口の中にはフェロモンを感知する細胞があり、それでねこはあんな顔をして、フェロモンのにおいをかいでは、恍惚に浸っているというわけですね。
 

Re: ReRe.ねこぱんち様

 投稿者:ねこぱんち  投稿日:2017年 2月26日(日)21時03分21秒 mo110-161-147-252.air.mopera.net
返信・引用
  > No.7692[元記事へ]

管理人さんへのお返事です。

 おばんです。
 確かに具材も入れると栄養のバランスもとれるんですが、あいにく積雪で買い物に行けず、食材が限られてまして、その中でどうやってうまいものを食べるかと頭を使います。
 ケチャップも今は切らしてしまい、塩こしょう、カレー粉、しょうゆくらいしかありません。それで冷たいご飯を焼きめしにしたりしてます。
 これはこれでまた、けっこういけますね。
 ねこですか?実家には前はねこがいました。でも、今はアパート暮らしなのでねこはいませんし、アパートだと飼うこともできません。
 勤行を催促するねこは、たぶんほかの講員さんとこのねこですね。うちで飼ってたねこは、勤行は催促はしませんでした。
 ただ、勤行の時間はだいたいそばでおとなしくしてましたけど。
 ねこついでですが、ある講員さんの家で数匹のねこを飼っていました。先輩ねこと新参者のねこ。
 ある時、新参者のねこが御宝前にいたずらしようとしました。先輩ねこはいきなり怒り出し、新参者に強烈なネコパンチをお見舞いしたそうです。
 それから新参者のねこは、御宝前にはいたずらしようとしなくなったそうです。先輩ねこにはご本尊様というものがちゃんとわかってたんですね。それで後輩に「指導」したわけ。
 ねこもちゃんとわかるものはわかる。
 うちで飼ってたねこも、邪宗の仏壇とかはよくあらしたりいたずらしてましたが、御宝前でいたずらは一度もしたことないですね。
 私より背の高い冷蔵庫には飛び乗りましたが、私より背丈の低いお仏壇の上には、乗ったことは一度もありませんでした。
 ねこもわかるものはちゃんとわかるし、わきまえることはきちんとわきまえる。我々人間ができなくてどうしましょうか。
 邪宗のみなさん、失礼ですが、今のままではねこに笑われますよ。
 ねこついでにもう一つ。
 管理人さんもみなさんも、「ねこ」と言えばふつうのあの大きさの「イエネコ」を連想するはずです。
 ところが、イエネコの品種で「ノルウェージャンフォレストキャット」という種類があります。
 この品種、なんとふつうでも体長約80センチ、体重約20キロになります。そこらへんにいるイエネコの数倍。
 ノルウェージャンフォレストキャット、世界最大は体長120から140センチにもなるそうです。つまり、犬とほぼ同じサイズ。でも、ねこ。やることもしぐさもねこ。
 ただし、あまり見かけない種類なので、だいたいはヒョウかトラ、チーターなんかと間違えられるらしいです。でも、よく顔つきを見るとそれらのネコ科の動物とは明らかに風貌が違う。そりゃそうです。大きいだけで顔つきもねこのまんまですから。
 まー、サイズがサイズですから、かなり食べるのと、のどをごろごろ鳴らしたときの音がすごいらしいです。
 もようは、きじとらのねこにヒョウ柄が混じったような感じとか。そりゃヒョウに間違えられますよね。鳴き声もふつうに「ニャーオ」で、子猫はふつうのイエネコの子猫と大きさはかわらないようです。
 

Re: ReRe.ねこぱんち様

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 2月21日(火)19時12分4秒 202.241.170.178.ap.gmobb-fix.jp
返信・引用
  連日の投稿ありがとうございます。
こちらは昨日は暖かかったですが今日は急に寒くなってきました。
ケチャップライスですか?
オムライスのような感じですね。
それにおかずが入っていれば栄養もとれるのではないでしょうか。

たしかねこぱんち様のところに猫が居てませんでしたか?
勤行の時は、そばで待っていて勤行をしないとするように催促するという、よくできた猫さんがいてたと思うのですが・・・

まだまだ寒い日が続きますのでお身体を大事に来たるべき春にそなえてくださいませ。
きっといいこともあると思いますよ。
 

Re: Reねこぱんち様

 投稿者:ねこぱんち  投稿日:2017年 2月20日(月)21時15分30秒 mo110-161-147-252.air.mopera.net
返信・引用
  > No.7688[元記事へ]

管理人さんへのお返事です。


 おばんです。
 先週あたりから、ケチャップライスにはまりまして、よくこさえて食べています。
 きっかけは朝テレビを見てて、たまたまその話題をやってたこと。
 冷蔵庫に食材があるわけでもなし、でも、それなりにうまいものも食べたい。
 米と油、ケチャップとマヨネーズはあまっている。
 てなわけで、作りましたら我ながらよくできまして、冷や飯も炒めればおいしく食べられるというわけで、マイブームに。
 ケチャップだけではあまりにふつうすぎておもしろくないので、最後にマヨネーズを加えて少し炒めるのが自分流。これがまたいけるんです。
 あ、お肉とかはまったく入ってません。せいぜいミックスベジタブルくらい。それでも、かなり満足できる一品になりますね。
 私の知り合いの講員さんで、子供に将来残したいと、自叙伝を書き始めた方がいます。
 それでふと考えました。その人には守るべきご家族、愛する家族がいる。子供に残すものがある。
 はて、私にはそういう存在があるだろうか?
 ない。守るべき人も、愛する人も、子供も嫁さんもいない。
 もし自分が旅立つ時が来ても、私の生きた証を受け継ぐ人は誰もいない。
 そうしたものを残せる誰かがいるということは、非常にすばらしく、とても大事なこと、幸せなことなんだなーと、つくづく感じるこのごろでもあります。
 そう、私が臨終を迎えたとき、誰が見送ってくれるんだろう?家族がいないということは、そういうことなんだなーと考えてしまう。
 

Re: Reねこぱんち様

 投稿者:ねこぱんち  投稿日:2017年 2月13日(月)19時43分33秒 mo110-161-147-252.air.mopera.net
返信・引用
  管理人さんへのお返事です。

> こんばんわ。
> ねこぱんち様、
> こちらはここ二日ほど寒い日が続いております。
> そちらの方は、いかがでしょうか。 東北の方なので寒さも一際厳しいのではないでしょうか。
> この寒さもこれが最後かもしれません。
> ねこぱんち様も必ずよくなってくると信じていますよ。
> タブレットが使い慣れたならば、折伏のしかたも広がりますね。
> 寒さ厳しい折柄、お体をご自愛下さい。
 

Re: Reねこぱんち様

 投稿者:ねこぱんち  投稿日:2017年 2月12日(日)19時21分56秒 mo110-161-147-252.air.mopera.net
返信・引用
  > No.7688[元記事へ]

管理人さんへのお返事です。


おばんです。
 山陰から近畿にかけて記録的大雪とニュースで聞きました。
 こちらは、私自身外に出てないので聞いた話だけになりますが、雪が連日降り続いているとのこと。
 昨日は一日雷が鳴ってました。後一ヶ月ですが、この一ヶ月がけっこう大雪に見舞われたりします。
 なので水道管の凍結に一番神経を使う時期でもあります。
 私は、ほぼ連日ねこまんまですませています。本物の「ねこまんま」です。
 いや、キャットフードじゃなくて、ごはんに味噌汁をかけたあの「ねこまんま」です。食欲がないのもありますし、この雪では買い物にはまず出られません。働いているわけではないので、とにかく今あるものですませているという感じですね。
 ねこまんまだと作るのも楽。洗い物も楽。おまけに水分でそれなりに腹一杯食える。
 あ、お野菜とか高いので、味噌汁と言っても中身は入ってません。後は納豆と梅干し、のりの佃煮。
 私くらいの年齢でまともに働いてる人なら、確実に足りないし、不満が出るレベルの食事ですね。今の自分はこれで十分なんですよ。肉なんていつから顔見てないかすら覚えてませんが、特に肉を食べたいという気持ちはないですね。
 逆に、肉の生臭さがだんだん苦手になってきましたね。たまに「よくあんなまずいものを、ガツガツと食ってたもんだなー」と、過去の自分を振り返ってあきれたりするほど。
 栄養価としては、肉もとらないとならないんですが、年々肉は苦手になっていきますね。
 魚も大好物だったんですが、このところは食べなきゃ食べなくてもいいかという感じ。やはり生臭さがだんだん気になるようになってきました。
 なので、梅干しと納豆、のりでもあまり不満はないというわけです。生臭い物は入ってませんし。
 後は、食品によく含まれている保存料とか化学調味料なんかの添加物はすぐに体に出るようになりましたね。なのでコンビニとかファーストフード店のもの、ファミレスのものなんか、味は別として食べられたもんじゃありません。食べた後に体の具合悪くなるんで。
 パンなんかも、大手メーカーで大量に作られているものは口にできませんね。これは味ですぐにわかります。パンはベーカリーでその都度作って売っているものしか食べないようにしています。
 お総菜も、物によっては食べられないですね。使っている油が酸化していたり、化学調味料で味をごまかしていたりすると、食べた後にすぐに体に出ますので。安いからと安易に手は出さないようにしています。レトルトとか冷食もそう。
 世の中そんな食品ばっかですから、食べる意欲も減退しちゃいますよ。世間の人たちは、それを惜しげもなく、恐がりもせず、パクパク食べているんですから、ぞっとします。
 特異体質もいいんだか悪いんだか、ですね。
 

レンタル掲示板
/259