teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL

スレッド一覧

  1. ファスティング(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


管理人様

 投稿者:りかばりぃ  投稿日:2017年 7月14日(金)08時18分0秒 p1320073-omed01.osaka.ocn.ne.jp
返信・引用
  とても勉強になります。
ありがとうございますm(__)m
一度、相談館にもお邪魔してみます。
 
 

Reりかばりぃ様

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月13日(木)18時30分39秒 202.241.170.178.ap.gmobb-fix.jp
返信・引用
  返信ありがとうございます。
法灯相続が確実にできれば広宣流布はすぐできるということを聞いたことがありますから
それほど難しいことなのだと思います。
 

管理人様

 投稿者:りかばりぃ  投稿日:2017年 7月13日(木)09時28分14秒 14-132-103-119.dz.commufa.jp
返信・引用
  お返事ありがとうございます。
管理人様も法統相続で悩んでいらっしゃるとは、やはり難しい問題なんですね法統相続は。
破邪顕正の相談館の掲示板は、指導が厳しいのでしょうか?ちょっと怖いです(-_-;)
 

Reりかばりぃ様

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 7月12日(水)18時59分36秒 202.241.170.178.ap.gmobb-fix.jp
返信・引用
  りかばりぃ様とうこうありがとうございます。
逆境のの中で頑張っておられるのですね。
詳しい状況は、わかりませんが娘婿を根気よく折伏していくほかないのではないでしょうか。
唱題し折伏していけば必ず道が開けるのではないでしょうか。
私自身も法統相続には、頭を痛めており大変難しいものがありますよ。
下記に破邪顕正の相談館の掲示板がありますので、管理人他数人がアドバイスをくれると思いますのでいかがでしょうか。

http://8819.teacup.com/goseikun/bbs
 

教えてください。

 投稿者:りかばりぃ  投稿日:2017年 7月12日(水)10時00分30秒 14-132-138-247.dz.commufa.jp
返信・引用
  こんにちは、私は以前(8年位前)に何回かこの掲示板に参加させて頂いていた者です。
法華講員です。
実は私の友人に悩みがあり、その事でもし教えていただける方がいましたらお願い致します。
御住職に相談したら?と言われそうなのですが、そこまで勇気がなくて…(-_-;)
実はその友人には娘さんがいて、その娘さんが独身時代は法華講員で青年部の活動も活発的にとは言えませんが誘われればちゃんとお寺に来ていました。
その娘に10年程前に折伏されて、友人は勧誡式を受けて平成21年には御本尊下附されています。
ところが、6年前娘さんは結婚されました。
嫁ぎ先が禅宗で仏壇もちゃんとあり、しっかり先祖供養をしている家です。
本当にプライベートな話なのですが、娘さんの夫が創価学会が大嫌いで、その関係で日蓮正宗
に嫌悪感があり、6年たった今でも、全く聞く耳を持たない状況が続いています。
娘さんが嫁いでお寺から離れて行くと、今度は友人が信心活動を一生懸命するようになりました。そうすると友人は、法統相続の事を考え、結婚直後の娘婿を強烈に折伏をするようになりました。その結果、娘婿とは断絶、孫にも会わせるな!と言われたそうです。
それでも娘さんは夫に内処で孫を連れて友人宅に行くそうです。
あの手この手を使い折伏したようですが、婿の拒否反応は強くどうにもなりません。
話が長くなりましたがご相談と言うのは、友人がこの先、邪宗に嫁いだ娘にどのような姿勢を取れば良いのか教えて頂きたいのです。
友人には離婚経験があって、そのことで娘さんとは離れて暮らし、娘さんに大変な苦労をさせているため引け目があるようで、どんなことでも頼み事は聞いてあげています。
つい最近でも、他の講員と折伏先に行く約束をしていたのに、孫を預かって欲しいと言われて
孫可愛さか、娘の頼みを優先しました。
万事がそんな感じで、活動もお寺参詣も唱題も凄いのですが、こと娘と孫のことになるそちらが優先になってしまいます。
娘さんも同じ法華講員だからいいのでは?と最初は思ったのですが、形だけにしても邪宗にそっている娘さん。娘婿のことも含め、その娘さんをずーっと影で助けていて、この先友人は法統相続出来るのでしょうか?婿を折伏出来るのでしょうか?世法のことだから良いのでしょうか?
そんな事は深く考えない方が良いのでしょうか?教えて頂ければ嬉しいです。
ちなみに、孫は御授戒を受けています(婿に内処で)



 

不軽菩薩のお話

 投稿者:通りすがりの者  投稿日:2017年 6月28日(水)19時26分44秒 softbank126159195214.bbtec.net
返信・引用
  回答ありがとうございます。
管理人さんの回答にて感じたのはそうですね、邪義を破折するという考えは、必ずしも間違いとは考えていません。
ただ、あくまで破折というのは手段の一つであり、それが主ではないとは思います。
私が不軽菩薩を出したのは、ご回答にあった不軽菩薩の行動を基にを重要視するより、何をしたのかを重要視したかったからです。
私が何人かの法華講員さんと出会い、印象に残ったのが彼らは慈悲というものが無いなと言うことです。
 

Re

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月22日(木)19時47分48秒 202.241.170.178.ap.gmobb-fix.jp
返信・引用
  ここに日蓮正宗のホームページに不軽菩薩について書かれたことがありましたので

貼り付けます。

大聖人様は『佐渡御書』において、  「日蓮は過去の不軽の如く、当世とうせいの人々は彼の軽毀きょうきの四衆の如し。人は替はれども因は是一なり(乃至)不軽の因を行じて日蓮一人釈迦仏とならざるべき」(御書 582頁)と仰せられ、御自身を不軽菩薩に、当世の人々を不軽菩薩を毀謗きぼうした者たちに譬え、法華修行による成仏の因は一つであると決せられると共に、御自身の成仏決定を顕示されています。
 要するに、過去の不軽菩薩としての修行によって釈尊が仏に成ったのであれば、不軽菩薩と同じように法華経の折伏の振る舞いをする日蓮が、どうして同じように仏に成らないことがあろうかと御教示されているのです。
 さて、本抄における、  「法華経は三世説法の儀式なり。過去の不軽品は今の勧持品、今の勧持品は過去の不軽品なり。今の勧持品は未来に不軽品たるべし。其の時は日蓮は即ち不軽菩薩たるべし」との御指南は、法華経は三世の説法の儀式を説かれたものであるから、釈尊の過去世を説かれた『不軽菩薩品』の内容は、そのまま現在の『勧持品』に説かれる三類の強敵を忍んでの妙法弘通の姿であり、今の『勧持品』の説相は、そのまま過去の不軽菩薩の姿である。そして、『勧持品』で説かれた忍難弘通の様相は、そのまま未来末法における不軽菩薩の姿であって、そのときは、日蓮こそが不軽菩薩であることを御教示されています。
 釈尊が過去に不軽菩薩としての修行を行い、仏に成ったというのは、釈尊の本門における説相ですが、文底より拝するならば、二十四字の法華経を弘通して仏に成ったのではなく、妙法五字を修行して仏に成ったと拝すべきなのです。
 大聖人様が、不軽菩薩のごとく法華経を忍難弘通あそばされ、文底本因妙たる妙法五字を弘通あそばされたということは、釈尊の本果としての振る舞いに対し、本因の振る舞いをお示しになっているのです。
 このような本因妙の仏としての大聖人様の御境界を拝すると共に、大聖人様が身をもってお示しくださった忍難弘通の振る舞いを、成仏の要諦と心得てまいりましょう。

迫害を恐れず不退の信心を貫こう
 第二に、謗法の者たちは、権力者に取り入って味方につけ、正法を受持する者に迫害を加えてくるということです。
 本抄には、  「諸宗の学者等、自師の誤りを執しゅうする故に、或は事を機に寄せ、或は前師に譲り、或は賢王を語らひ、結句けっく最後には悪心強盛ごうじょうにして闘諍とうじょうを起こし、失とが無き者を之を損なふて楽しみと為す」とあり、大聖人様に対する迫害が、まさにそうであったことを記されています。
 時代は変わっても、法華経を弘通していくところには、権力を背景に迫害を加えてくることを覚悟しなければなりません。権力を後ろ盾にした創価学会が、御法主日顕上人猊下や宗門に対して、際限なく誹謗中傷・悪口雑言を繰り返していること、また裁判における理不尽極まりない判決も、その現れと言えるでしょう。
 このことを正しく理解できなければ、信仰に迷いが生じて退転することもあるのです。『佐渡御書』に、  「日蓮を信ずるやうなりし者どもが、日蓮がか斯くなれば疑ひをを起こして法華経をす捨つるのみならず、かへりて日蓮を教訓して我賢かしこしと思はん僻人びゃくにん等が、念仏者よりも久しく阿鼻地獄にあらん事、不便とも申す計りなし」(御書 583頁)とお示しのように、大聖人様が佐渡配流となり、弟子等が牢に捕らえられることを見て退転する者も少なくありませんでした。
 現在においても、権力による不当な弾圧があるかも知れません。しかし、いかなることがあっても退転せず、強盛な信心を貫き通すことが、成仏の要諦であることを銘記したいものです。

謗法破折により安穏な国土を築く
 第三に、折伏は末法適時の如説修行であるということです。本抄に、  「或人あるひと日蓮を難じて云はく、機を知らずして麁義あらぎを立て難に値あふと。或人云はく、勧持品の如きは深位の菩薩の義なり。安楽行品に違すと。或人云はく、我も此の義を存ずれども言はず」とあり、当時の人々は、大聖人様の布教が荒々しいために難に遭うと非難していたようです。私たちが信心をしていく中でも、もっと寛容的な布教をすれば難に遭わないのではないかと思うかも知れません。あるいは自分だけが静かに信心をすればよいのであって、他人にとやかく言う必要はないのではないかと考える人もいるでしょう。しかしそれでは当世の修行にならないばかりでなく、世の中はますます荒廃し人心は乱れていくのです。
 大聖人様は、  「末法に摂受・折伏あるべし。所謂いわゆる、悪国・破法の両国あるべきゆへなり。日本国の当世は悪国か、破法の国かとしるべし」
                              (御書 576頁)と仰せです。現在は、謗法の充満する破法の国であることを、まず知らなければならないのです。
 また大聖人様は、  「早く天下の静謐せいひつを思はゞ須すべからく国中の謗法を断つべし」
                               (同 244頁)と御教示です。すなわち、現在のように謗法が充満する世の中にあっては、謗法を破折して正法を持たせていくことにより、安穏な国土も築かれていくのです。

 

管理人さん

 投稿者:通りすがりのモノ  投稿日:2017年 6月22日(木)13時53分34秒 om126211027058.13.openmobile.ne.jp
返信・引用
  大聖人の御書の考察は差別千万です、住職の考察が正しいとは思っていません必ずしも。
なので一つの意見として管理人さんに質問させていただいたんですよ。
それが例え引用したものでも間違っているものでも私は構わないんです。
それを踏まえてもう一度質問に答えてはいただけませんか?
 

RE

 投稿者:管理人  投稿日:2017年 6月17日(土)07時47分40秒 180-145-150-124f1.wky1.eonet.ne.jp
返信・引用
  はようございます。

さて、どうなのでしょう。
大聖人様の御意ともなると私にはわかりかねます。
また、間違いもありえます。
最寄りの日蓮正宗の寺院のご住職様にお伺いされるのがよいかと思います
 

質問を変えます。

 投稿者:通りすがりのモノ  投稿日:2017年 6月17日(土)00時10分50秒 om126211023030.13.openmobile.ne.jp
返信・引用
  管理人さん、日蓮大聖人は何故「折伏は常不軽品の如し」と仰ったのでしょうか?  

レンタル掲示板
/259