teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 過去ログ(36)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ハーボニの副作用について

 投稿者:ヨッシー  投稿日:2017年 5月12日(金)21時28分1秒
返信・引用
  はじめて投稿します、治療開始から二ヵ月ほどになります。
治療前から色々と情報を集めていました、確かにインターフェロン治療で
完治出来なかった方(友人・知人)も三か月の服用で【見事完治】出来た人は
たくさん増えてきましたが、治療中の副作用については、やはり個人差があるみたいで・・・
当方は、いつ起こるか分からない頭痛・高血圧・痒疹(おしり)服用後に発生する
膨腹感・イライラ感など治療を始める前には無かった症状がかなり発生しています。
三か月の服用が終わり前記の症状が改善されるか、心配するこの頃です
現在治療中、もしくは治療後の方で副作用に関して些細な事でも結構ですので
感想など頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
 
 

Re: 服薬量

 投稿者:ゆずさち  投稿日:2017年 5月10日(水)02時33分11秒
返信・引用
  まりあさんお久しぶりです。
明日さっそく病院に電話します!(T-T)


実は、最初の一ヶ月目にソバルディが1日分飲み忘れていたことがあったのです…。そのときは翌日が診察日だったので担当医に1日分ずらして進めて行きましょうとなったのですが、今回はGW前からだいぶ飲み忘れていたようです。
情けない…何やってんだか…。3ヶ月目前で気付くなんて…。本当情けないです(泣)

最初の一ヶ月目でウイルス検出せずになっていたのですが、飲み忘れでウイルスがまた再発とかはないでしょうか?
はぁ~情けない…。
 

服薬量

 投稿者:まりあ  投稿日:2017年 5月10日(水)01時58分42秒
返信・引用
  ゆずさちさん、明日病院に電話ででもいいと思います。聞いてみてください。

私は、がんの治療薬を飲み忘れたことがあります。その間の薬を数え、遅れを取り戻そうと、間隔を縮めて、倍の量を飲もうなどと考えて看護師聞いたから、よかったです。

薬は、まとめて飲んだらいけない。忘れた回数は、忘れたままに、考えないで。今から、規定の量を守って、また飲み始めること。

そう言われました。
 

やってしまいました!(-_-;)

 投稿者:ゆずさち  投稿日:2017年 5月10日(水)00時57分23秒
返信・引用
  皆様こんばんわです。
やってしまいました…。今月で終わるはずなのにやってしまいました!
GWに出掛けたのですが、薬を持って行くのを忘れました!( ̄▽ ̄;)
4日の朝は飲んだのにその日の夜から7日の夜まで飲み忘れ…。
12日で終わるはずのソバルディが4錠残り、レベトールにおいてはなぜか2シートと4錠残ってる…?
あれ???

どっから飲み間違えたのか、覚えてないです。



どうしよう…。かといって勝手に12日で終わるように飲み過ぎても、もちろんダメですよね!?
今、パニックです。

どうしよう…(-_-;)
 

Re: ありがとうございます

 投稿者:くぅ  投稿日:2017年 5月 7日(日)18時04分8秒
返信・引用
  catさんへのお返事です。

catさん、いつも励ましのお言葉ありがとうございます。
読んでて泣けて来ました。。
でも私なんかよりよほど、大変な思いをされ1人で乗り越えてこられたcatさんは本当に素晴らしいです。

それがあったらこそ、ここで皆さんへのあたたかいお言葉をかけられることができるのだなぁって感じました。
本当につらい思いされたのですね。

私はシングルマザーです。言葉足らずでした笑
でも子供も大きいし、両親も健在で同居してるのでまだ助かっていますが平日に親に全てを任せて仕事してますので休みにまでと言うのが気も引けます。
男ばかりの職場なので女の大変さはあまりわかってもらえないのかもわかりません。
ましてや、みんな色々病気されても何年も働いてる人もいますから私のような病気で今は薬で治るというのに、、、と、たぶん甘えに取られそうな気もしています。

再来週が検査結果ですが、それから又どうゆうふうにすすめられていくのかもわからないし身体もどのような具合かもわかりませんし、ただ不安です。

ウィルス値は少なくはないというところなのでしょうか。。お答えくださりありがとうございます。
おっしゃるようにHVC RNAリアルタイム定量...と書いてありました。

至って普通に生活して来ただけに、これまで放置していた20年が怖いものだなと感じます。

これからも色々教えてくださいね。
ありがとうございます。
 

Re: ありがとうございます

 投稿者:cat  投稿日:2017年 5月 7日(日)02時45分50秒
返信・引用
  くぅさんへのお返事です。

くぅさん、ご返信ありがとうございます。
少しずつでも病院に足を運び始めているとのこと、とても安心しました。

お話から想像するにいたっては、とてもお忙しく厳しい職場なんですね。
そして、周りの理解もとても暖かいとは言えない仕事優先意識の職場間環境のようで、
治療への困難さが伝わってきました。

でも、今少しずつでも上司に、仕事よりも自身を守ること優先する意志を伝え始めて、
冷たい言葉が返ってきてつらいですが、その意志さえあれば、
きっと一つ一つ解決していきますよ。私はそう信じています。

でもその間は実生活では、ここの皆さんがそうであった、また今治療中の方もおそらくそうかもしれませんが、孤独だと思います。

私事ですが、約20年弱前、この病気と分かってすぐに、家族からは真面目に
「実家に来るな!」的なことを言われました(笑)
その後家族に電話しても不通で、返信がかかってくることはありませんでした。

配偶者もいませんので、これまでの間、診察室に自分以外の誰かと一緒に入ったことはありません。常に一人で会社と交渉し、大学病院と地元の病院の連携を手配したり、これは個人的な場合ですが大学病院の本院と提携病院を行ったりきたりして肝移植の申請をしたり、保健所への申請など、常に一人で判断して自分でやるしかありません。

くぅさんはシングルとのことですが、シングルマザーなのでしょうか?
立ち入って申し訳ありません。
失礼だったらスルーして下さい。
ただ、マザーだとしたら、日曜日に仕事を振り替えて・・・と言う上司の言葉がどんなに悲しいものかと感じたものですから、マザーでないとしても、やはりこれからの治療は孤独だと思います。

どうぞ、そんなときは管理人の osyouさんが維持してくださっている、この掲示板で愚痴ってください。

私も肝移植の時かその後からか、散々こちらで気持ちを吐き出させていただいて、
経験者の皆さんから暖かい言葉で支えて頂きましたので、その点は孤独ではありませんでした。

長くなりましたが、ウイルス量の項目に、HCV-RNA定量とかかれていますか?
とすると、 5.1は、多いという意見もあるし、そうでもないと言う意見もあります。
ただ、私ははっきり覚えていないのですが、もっと多かったです。
計測が「針が振り切れて計測できないくらい多い。」と専門医の主治医に言われていました。

それでも、第一世代の内服薬(ダグルインザ・スンベプラ)で「検出せず」になりましたので、
今のソバルティの100%とも言われる、薬の力なら、安心して後は病院に足を運ぶための、
苦労だけに全力投球するのみです!

上司との交渉、仕事の兼ね合い、頑張ってください。応援しています!

 

ありがとうございます

 投稿者:くぅ  投稿日:2017年 5月 6日(土)15時18分13秒
返信・引用
  catさんへのお返事です。

> catさんはじめまして。
>
> とても嬉しく、そして心強く読ませていただきました。
再検査、なかなか仕事でいけなかったのですが2日の日に行きました。
今後の治療のために、採血と超音波エコーをして、結果はまだ再来週です。
これからまだ病院に行く事や、申請などの為に仕事の都合をつけたりしながら、会社に迷惑を掛けながらと思うと心が重いです。

これまで、健康診断等はここ10年は受けてきました。
しかし、ほとんど(たまには正常値)40から50位ですが
肝機能異常を指摘されてきました。

それでも、気にしていなかったのがこの数ヶ月体調崩す事が多くなりかかりつけの病院での血液検査の結果で指摘され、治療を始めようとするきっかけとなりました。

散々、仕事を休み有休もなくなりC型肝炎の治療もするかも、と上司に少し話したら、休んだぶんは日曜出勤で振り替えて働けば良いとか、安易に「もう薬飲んでる?」とか、、、

薬を飲み始めるまでの大変な流れや、決して遊びで休むワケでもないのに休日出勤の提案、、、
私はシングルなの日曜までは働くのはって思ったり。

あ、ごめんなさい、ただの会社の愚痴になりました。
言いたいのは、皆さんが大変な思いで治療を始めたり終えたりしてるのに軽々しくしかわかってもらえない事に腹立たしかったり。

私は少しでも早く、治療に取り掛かりたいし病院にも行きたいです。
仕事は非常にハードな仕事で長い時で1日12時間は働くこともざらです。帰ってからも又1時間は仕事で取られます。
治療との両立は私の中では無理だなと思ってしまってます。
とにかく、今は検査結果も気になり不安ですがcatさんの言葉が嬉しかったです。
長文になり申し訳ありませんでした。

一つ、おわかりになれば教えて頂きたいのですが5.1と言うウィルス値は数値的にはどうなのでしょうか?

色々調べてもわからないことがまだまだ多いです。

これからもよろしくお願い致します。
 

長文です。読み飛ばしてください。

 投稿者:cat  投稿日:2017年 5月 4日(木)17時28分56秒
返信・引用 編集済
  治療中の皆さん、治療を迷っている皆さん、治療を終えた皆さん、GW以下がお過ごしでしょうか?

toccoさん、 くぅさん、はじめまして。

けえさん、慎也さん  内服期間お疲れ様でした。そして「検出せず」おめでとうございます!

慎也さん、主治医がお酒を飲んでもいいとおっしゃってるということは、肝臓の繊維化もさほど
進んでいないうちにウイルスを消せた、ということなんじゃないかな~と感じ、
早いうちでよかったですね~。 お酒を飲むことでウイルスが再燃するという話は
聞いたことはありません。また、治療期間に耳にした私のつたない知識でも、
お酒とウイルスの再燃は無関係なんじゃないかな~と思います。

toccoさん、32歳、お若いですね!
もう採血の結果も出て、治療の話も進んでいるでしょうか?
以前の治療と違い、今の内服薬での治療は、1型とⅡ型で副作用の違いがあるようですが、
とくに1型であればあまり副作用の心配も無いですよ。
Ⅱ型のソバルティに同時服用するレベトールが起こしているであろう(まだ原因が何かなのかなど、正確な話は聞いたことがありません)副作用がつらいようですが、
内服薬が出る前は、私たちも、注射+レベトールの併用を経験しましたが、
あくまでも、個人的にはレベトールの内服期間、半年か1年か、はっきり覚えていないのですが、今よりも長い期間でもガマンできる程度の副作用でした。
もちろん、副作用の出方は個人差があるので、言い切ることはできませんが、
ウイルスを消すための、3ヶ月間の服用であれば、立ち向かう価値と、その成果報告の大きさから見て、
充分すぎるほどの希望があると思います。
もう調べ終わっているかもしれませんが、治療費もほとんどの県で医療助成費があり月1万円で済みます。
これは、肝ガンがないことが条件です。 たとえ肝硬変でなくても、ウイルスでえダメージを受けた、
肝臓は肝ガンの注意はちゃんとしていく必要があるようです。
肝ガンが出ないうちに、医療助成を申請しサッと何気なく内服治療を開始してしまうのがベストだと感じています。

ウイルス性肝炎というと、とても怖いイメージがありますよね。
実際、怖いものだと思いますし、しかし、数ヶ月の前後でどうなってしまうほどの怖いものでもないんじゃないかな~とも、自分は、今は感じています。
ただ、テレビの特集では怖いもの、という具体例を30分程度の番組に凝縮して放送したりしているので、怖いですよね。 でもそれはウイルスが潜伏期間を追え、活動を始めてから40年くらい経った後の姿です。
とはいえ、1日も早く治療を開始するのが先々を考えるとベストだと確信しています。頑張ってください!

くぅさん、もう病院へ行かれていることを願うばかりです。
「発症してから」20年、その前に脂肪肝と言われているとのことですが、
会社の健康診断などでの、肝臓の数値はどうでしたか?
正常値内か、30~40など上限ギリギリをさまよっている感じであれば、まだよいのですが、
70とか100付近が続いていたりしていたり、健康診断そのものをしていなく採血の機会も無かったとしたら、
とても心配です。
肝ガンや、初期の肝硬変は自覚症状がありません。
先日知り合いに実際起こりましたが、インターフェロンを嫌がっていざ内服薬の医療助成費の申請をしようとしたら、
その際の申請のための書類作成時の精密検査で、本人は全く自覚症状は無かったのですが肝ガンが見つかり、
申請できなかった。ということがありました。内服薬も薬価が下がり1錠当たり8万円から5万円程度になりましたが、とても自費で出せるものではありません。
そうなると、治療のための金銭面でも治療が難しくなります。
ウイルス性肝炎には、単に肝硬変という症状だけでなく、慢性肝炎でも後期には食道静脈瘤(もしくは下肢静脈瘤)などの合併症が起こります。
これは1ヶ月ほど入院して、簡単な胃カメラで簡単な手術をしないと、飛行機に乗ったり、仕事で疲れたり、もちろんお酒では即、静脈瘤が破裂して意識を失い失血死となるそうです。
他にも、多くの合併症があり、私は母が慢性肝炎の治療をあまりしていなかったので、子供ながらに進行の仕方を最後の瞬間まで覚えています。
単に自覚症状のない仕事のできる状態が続くわけではなく、「発症してから」20年+脂肪肝でその間、治療をしてこなかったのであれば、合併症には充分注意したほうがいい時期になっているのではないかな~、と私もけして専門家ではありませんが、自身の体験と、周りの同じ病気の人、本、情報から強く感じます。
ぜひ、すでに病院に言ってくれていることを願います。
まだなら、仕事との併行、もしくは一旦休職、などの仕事との兼ね合いも、
この病気の大きな課題で皆さん苦労しているところなので、
真正面から、自分は本当はどうしたいのか? その気持ちと、仕事との兼ね合いの実際のやり方に向き合って下さい。
頑張ってください!

toccoさん、くぅさん、応援しています!

 

本日、服薬終わりました

 投稿者:けえ  投稿日:2017年 5月 2日(火)14時43分54秒
返信・引用
  30年以上前の輸血からの長い付き合いだったのですが、
平成29年2月8日からハーボニーの服用を始め
本日3ヶ月の診察でした。

1ヶ月目の採決で、ウィルス検出せずとなり
次回は1か月後にまた採血の予定です。

副作用はほとんどありませんでした。
このまま順調に推移してくれることを祈るばかりです。

迷っている方は、すぐにでも治療を開始することをお勧めします。
 

(無題)

 投稿者:tocco  投稿日:2017年 4月20日(木)11時13分12秒
返信・引用
  皆様はじめまして。
toccoと申します。
C型肝炎を調べて、ここへ辿り着きました。

娘を妊娠した時にC型肝炎2a型が発覚し、
時は流れ…ようやく治療開始への一歩に立ちました!

とは言え血液検査とエコーのみで…お薬服用までまだ至っておりませんが。
私はまだまだ知識も乏しく、病気に対してネガティブな考えしか浮かんできません。
本当にお薬でウイルス排除出来るのか?副作用は?費用は?など考え出すととても怖くなってしまいます。
皆様、治療や肝炎に対して戦っている実例を拝見させてもらい少し勇気が出ました。
ありがとうございます。
宜しければ皆様のネガティブ払拭方や、日常生活でこうした方が良いよ!などアドバイスございましたら教えてもらえれば嬉しいです。
32歳、これから頑張って治療に向かっていこうと考えています。
宜しくお願い致します!!!
 

ありがとうございます。

 投稿者:くぅ  投稿日:2017年 4月18日(火)21時01分31秒
返信・引用
  tapiさんへのお返事です。

何もわからない私に色々教えていただきtapiさん、ありがとうございます。
まずは病院に行き、詳しく検査をしてもらい先に進まないといけないと思います。
なかなか病院に行けないことが今はネックなのですが。。
そうは言ってられない気もします。

脂肪肝とも、初めてC型肝炎と診断された時に言われたことがありました。もう、21年前の事になりますが。
このサイトを知ることができ、勇気を頂きました。
本当にありがとうございました。
 

Re: 教えてください

 投稿者:tapi  投稿日:2017年 4月18日(火)14時11分8秒
返信・引用
  > No.1733[元記事へ]

くぅさんへのお返事です。

> 遺伝子検査で陽性としかわからないのですがこの数年はずっと肝機能の数値は悪かったような状態です。

ウイルス遺伝子検査が陽性、つまり現在C型肝炎ウイルスに感染しているということです。
肝機能の数値が悪いのは、ウイルスが原因の肝臓の炎症によると考えられますが、飲酒あるいは暴食が原因の
脂肪肝・肝炎によるもの、あるいはその両方が原因かもしれません。
いずれにしても、ウイルスを排除するのが健康を取り戻す第一歩でしょう。

ここ数年でC型肝炎の治療は劇的に進歩しています。12週間の服薬で、ほとんどの人はウイルスが消えます。
ただし心臓や腎臓に持病があると使えない薬などもあり、その他の副作用にも注意する必要があるので、
服薬中(およびその前後)に何度か通院する必要があります。
肝臓によほどのことがなければ入院はないと思います。
まずは、肝臓の専門医がいる病院を受診して、医師と相談して治療方針を決めてください。

なお、私は医療専門家ではなく、C型肝炎の治療を受けた元患者にすぎません。
この掲示板には、いろいろな情報をお持ちの人がいますので、追って有益なコメントがあると思います。
 

教えてください

 投稿者:くぅ  投稿日:2017年 4月17日(月)23時21分16秒
返信・引用
  はじめまして。この度、体調崩して血液検査受けた結果で肝機能の数値が悪く先生に指摘されたとき20年以上前にc型肝炎と言われたことを思い出しました。その時はショックを受けたのにそのままにしていました。。安易に大丈夫だろうと。。軽く考えててごめんなさい。
先生からは再検査と言われ遺伝子検査の結果は陽性でした。しかし仕事が忙しくて詳しい話を聞きに行けてません。でも大きな病院での治療が必要と言われました。
この最近体調を崩しがちで休んだのでもうこれ以上
休んだり早退もできず病院も行けないことが情けないです。
どなたか、教えてください。
遺伝子検査で陽性としかわからないのですがこの数年はずっと肝機能の数値は悪かったような状態です。
年齢も40代後半ですし、発症から20年以上も経つので治療はしなくてはと思っていますが病院ではどのような検査、そして治療で進めていかれるのでしょうか?
入院は必要ですか?
仕事がとにかく、1日の拘束時間が長く平日がなかなか休めません。例え飲み薬で治療出来たとしても検査等はどのような方法なのですか?

仕事もこの際、辞めようかそれとも続けれるのか、
と悩み心配ばかりです。

どんなことでも良ければ教えていただきたいです。

よろしくお願いします。
 

終わりました。

 投稿者:慎也  投稿日:2017年 4月17日(月)14時03分51秒
返信・引用
  先週の月曜日で検出せずになり昨日ソバルティとレベトール3ヶ月飲みきりました。
医者も酒飲んでもいいよとは言ってますが、復活したりしないのでしょうか?凄く不安です。
 

Re: 完治を確信

 投稿者:cat  投稿日:2017年 4月 8日(土)00時06分10秒
返信・引用
  > No.1728[元記事へ]

玄界灘さん、お久しぶりです。

治療二年後の検査結果も、「ウイルス検出せず」おめでとうございます!

玄界灘さんの一月あとに治療を終えた私も、今のところ「ウイルス検出せず」を

保っております。

医師の太鼓判があったと聞き嬉しいですね!

インターフェロン、インターフェロンフリー、それぞれの治療で、

ウイルスを撲滅した私たち皆の「ウイルス検出せず」が

継続していくことを祈っています。

私は、一昨日とったMRIの結果に次の診察までヒヤヒヤしています。



osyouさん、新たに加わった間質性肺炎の通院と、それ以外の治療、

楽しさもある学びなおしが両立できること、大変だと思いますが頑張ってください!

応援しています!


 

完治を確信

 投稿者:玄界灘  投稿日:2017年 4月 6日(木)18時18分36秒
返信・引用
  インターフェロンフリー治療を終えて3月でちょうど2年経ちました。
昨年12月の検査の結果が判明しましたが「ウイルス検出せず」でした。
医師ももう再発はないだろうと言っています。

catさんその節は(昨年9月)暖かいコメントありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
 

Re: 後、10日で治療開始です。不安で一杯?

 投稿者:ひまわり  投稿日:2017年 4月 1日(土)08時53分53秒
返信・引用
  ゆずさちさんへのお返事です。

おはようございますm(__)m
お返事ありがとうございます。
動悸とめまいは怖いですね。
最初の投薬日に心電図をとると主治医は
言っていましたが
会社の定期検診でいつも心電図で
異常があると言われますので
動悸に関しては本当に怖いです。
 

Re: 後、10日で治療開始です。不安で一杯?

 投稿者:ゆずさち  投稿日:2017年 3月31日(金)21時19分40秒
返信・引用
  ひまわりさんへのお返事です。

ひまわりさん、初めましてゆずさちです。
私も2月半ばからソバルディ&レベトールの治療を始めました。今約1ヶ月半です。
私の意見が参考になるかわかりませんが…。
ソバルディ治療が始まって最初に感じたのは胸焼けのような…なんとも言えない気持ち悪さと、熱はないけど、風邪のような頭がボーッとする感じ…それから動悸、めまいです。仕事は一回だけ早退しました。
今でも朝が特にひどいですが、会社に迷惑かけるのも嫌だし自分の辛さを言っても伝わらないので気合いと根性で(笑)負けてたまるかー!ってなんとか乗りきってます!(^_^;)
私も最初は始める前はすっごく不安で、不安しかなかったですが、ここの皆さんに相談して応援してもらい勇気をもらいましたょ♪
 

後、10日で治療開始です。不安で一杯?

 投稿者:ひまわり  投稿日:2017年 3月31日(金)13時21分33秒
返信・引用
  50代の主婦です。
もうすぐソバルディとレベトールの治療が
始まります。
心配性の為副作用が凄く怖いです。
仕事は普段通り出来ますか?
治療体験者の方色々教えて下さい。
宜しくお願い致します。
 

C型肝炎2型治療中

 投稿者:まじめです  投稿日:2017年 3月30日(木)04時08分43秒
返信・引用
  二人目の出産が連休で計画早産で陣痛促進剤で大量出血、薬剤(血液製剤)と輸血で急性肝炎から慢性肝炎に。子供の世話と仕事やっとと思ったら親の介護。倒れそうでした。補助金が認められて2月から開始。月1万円はありがたいです。でも頭痛が終わったら丸1ヶ月以上、38度3~5です。動悸もありもうのたうち回っています。親が亡くなり後のことで片付けで毎日大変です。そこへ親戚が事故死で暫く東北新幹線で行ってたら疲れて気管支炎が治らないので担当医師は副作用は貧血のみです。風邪だから近所の内科へとだけど内科の薬で治りません。主治医はお酒飲んでないかと聞きます。最初に寝酒のこと言ったので、一回も吸った事無いタバコまで聞かれました。辛いけれど大病院はそのようなものですね。諦めています。来月も法事でまた福島県です。疲れます。病院って心がないですね。  

Re: 残り1ヶ月切りました

 投稿者:慎也  投稿日:2017年 3月25日(土)14時20分4秒
返信・引用
  tapiさんへのお返事です。
ありがとうございます。医師によってマチマチなんですね。
そんな矢先昨日の晩に、ボケボケしてて薬を二回分飲んでしまいました…
せっかくパーフェクトできてたのにここで1回失敗してしまいました。飲み忘れよりは良いのか、よくわかりません。
治った方々の意見はすごく参考になります。
来週医師にいって相談してみます。
> 慎也さんへのお返事です。
>
> 飲酒については医者によって考え方がマチマチのようです。
> 私はダクルインザ&スンベプラで2015年に治療した者ですが、治療前も服薬中もそこそこ飲酒していました。
> 飲酒について主治医に正直に報告していましたが、特別な指導はありませんでした。
> 薬の添付文書にも、グレープフルーツジュースの飲用禁止しか書いてありませんでした。
> ウイルスが消えて以降は、好きなだけ飲んでいますが、肝機能の数値は良好です。
> とはいえアルコールの解毒は肝臓に負担をかけるので、肝炎患者でなくても飲まないにこしたことはないでしょうね。
>
> > ここに来て薬終わったら酒飲んで良いのだろうか?この副作用はすぐ無くなってくれるのでしょうか?
> > など、不安になってきました。
> > 経験者さんの意見が欲しいです。ヨロシクお願いします。飲んでる薬はソバルディ&レベトールです。
 

Re: 残り1ヶ月切りました

 投稿者:tapi  投稿日:2017年 3月25日(土)11時21分23秒
返信・引用
  > No.1721[元記事へ]

慎也さんへのお返事です。

飲酒については医者によって考え方がマチマチのようです。
私はダクルインザ&スンベプラで2015年に治療した者ですが、治療前も服薬中もそこそこ飲酒していました。
飲酒について主治医に正直に報告していましたが、特別な指導はありませんでした。
薬の添付文書にも、グレープフルーツジュースの飲用禁止しか書いてありませんでした。
ウイルスが消えて以降は、好きなだけ飲んでいますが、肝機能の数値は良好です。
とはいえアルコールの解毒は肝臓に負担をかけるので、肝炎患者でなくても飲まないにこしたことはないでしょうね。

> ここに来て薬終わったら酒飲んで良いのだろうか?この副作用はすぐ無くなってくれるのでしょうか?
> など、不安になってきました。
> 経験者さんの意見が欲しいです。ヨロシクお願いします。飲んでる薬はソバルディ&レベトールです。
 

残り1ヶ月切りました

 投稿者:慎也  投稿日:2017年 3月24日(金)11時45分26秒
返信・引用
  ここに来て薬終わったら酒飲んで良いのだろうか?この副作用はすぐ無くなってくれるのでしょうか?
など、不安になってきました。
経験者さんの意見が欲しいです。ヨロシクお願いします。飲んでる薬はソバルディ&レベトールです。
 

ゲルソン療法

 投稿者:みみずく  投稿日:2017年 3月12日(日)19時13分40秒
返信・引用
  お金がないので、今はゲルソン療法もどきのことをやっています。というのも、妻がたまたまどこかから人参をもたくさんもらって台所に置いてあったので、人参が癌に効くとの昔の記憶を思い出して、ミキサーを取り出し、作って飲んでみたのです。1週間ほど飲んだころからなんか調子もいいような気がしてきたので今でも毎朝飲んでいるのです。値段も、有機栽培の人参5キロで2300円くらいだったので、ネットで注文して作っているのです。まあ、今のところ私にできるのは、主治医を信頼することと、このゲルソン療法もどきですね。癌が小さくなれば、そしてなくなってくれればいいのですが・・・  

私の治療日記

 投稿者:みみずく  投稿日:2017年 3月12日(日)19時07分22秒
返信・引用
  私の約1年間の闘病生活の様子を実は日記にまとめています。よかったら一度覗いてみてください。
http://ckannaosou.com/sinyaku/
 

ご返事ありがとうございます。

 投稿者:みみずく  投稿日:2017年 3月12日(日)18時59分9秒
返信・引用
  tapiさん、ご返事ありがとうございます。主治医もそのようにおっしゃっておられました。頭ではなんとなくわかるのですが、ウィルスが消えて肝臓の負担が減っているのになぜ?という疑問が片隅にあったんですね。それと、C型肝炎治療の時は国の補助があったのですが、癌になると、補助はもうなく、高額医療制度でやってくださいということでした。今までのように仕事もできず収入がなくなるので、治療を続けるのが結構な負担になってきたこともあり、これ以上続けるかどうかを迷ってもいるんです。今更ながら、難しい病気にかかってしまったんだなーと思います。癌にならないうちは一縷の望みがあったのですが・・・。家族の将来の計画も描けなくなってしまいました。こんな状況で、障碍者認定という方法もあると聞いて調べてみましたが、どうもこの方法では私の場合、無理なようでした。治療を続けるための何かいい方法がありましたら、また教えてください。  

Re: ハーボニー服用後、肝臓がんになりました。

 投稿者:tapi  投稿日:2017年 3月12日(日)18時24分30秒
返信・引用
  > No.1716[元記事へ]

みみずくさんへのお返事です。

そもそも、ウイルスが直接ガンを発生させるわけではなく、ウイルスによる長期間の肝臓の炎症や、それに伴う遺伝子の損傷がガンの原因なので、不思議なことではありません。
何年間もウイルスによって肝臓を痛めつけられていた我々は、ウイルスが消えた後も用心深く経過観察を受ける必要があります。

> ハーボニーの服用を無事終えて、経過観察4回目のエコーで、肝臓がんになっていました。ウィルスは消えたのですが、これはどういうことですかね。先日、カテーテル手術で抗がん剤を注入しましたが、とても今後が不安です。なんで?という感じですね。お酒は一切飲んでませんし、ウィルスが消えて半年近くなるのに癌が発生したことが不思議でなりません。何か情報をお持ちの方教えてください。
 

ハーボニー服用後、肝臓がんになりました。

 投稿者:みみずく  投稿日:2017年 3月12日(日)10時39分29秒
返信・引用 編集済
  ハーボニーの服用を無事終えて、経過観察4回目のエコーで、肝臓がんになっていました。ウィルスは消えたのですが、これはどういうことですかね。先日、カテーテル手術で抗がん剤を注入しましたが、とても今後が不安です。なんで?という感じですね。お酒は一切飲んでませんし、ウィルスが消えて半年近くなるのに癌が発生したことが不思議でなりません。何か情報をお持ちの方教えてください。  

がんばります!

 投稿者:ゆずさち  投稿日:2017年 3月10日(金)21時41分7秒
返信・引用
  catさん、osyou さん、こんばんは。
いつもありがとうございます。
ここの皆さんは、私以上に大変で辛い思いをされていると思います。
回りの人や友達に話してもわかってもらえない辛さを書かせてもらい、とても分かりやすい返答や励ましを頂いたり、優しい皆さんに出逢えて本当にこの掲示板に感謝してます!

ぴゅありんさん、慎也さん、はじめまして!
同じ時期に治療を始められた様で、とても共感出来ます。辛いですよね…。
この辛さを乗り越えてお互いC肝ウイルスをやっつけしょー!

 

こんな掲示板あって助かりました。

 投稿者:慎也  投稿日:2017年 3月10日(金)13時36分22秒
返信・引用
  はじめまして、俺はC2bです。ソバルディ、レベトールの投薬治療はじめて今で6週と2日経ちました。
空咳、貧血、動悸、頭痛、悪心、朝の重さ、夜のわけわからない感じ、時よりランダムにくる具合悪さ。
たまりません。他の治療も一緒なのでとっても仕事できません(泣)調子が良いと全然いいんですが、投薬前にできてた事をやってしまうと次の日に凄い状況になってしまいます。
薬飲む前の方が調子良かったと思ってしまったりしましたが周りの人達に救われてます。
ただし、中には「肝炎ぐらいで死ねや」と心無い言葉もぶつけらました。こんな言葉ぶつけてくる人は自分の事は棚に上げて「人として~」とか最悪な言葉をぶつけてきます。こんな時に人間性が出るんだなと思いました。
知識も浅い人間の酷い言葉というのは聞かないようにしました。そんな人が居ない方が生きれます。
皆さん辛いでしょうが頑張ってください。
俺自身も頑張ります。
肝炎ウィルスは確実に殺人ウィルスです。
治療して良かったと思えるようにゴール向かって進みます。
ここに来れば沢山の理解者がいると思いなるべくロムさせて頂きます。
 

Re: 薬の副作用リスク

 投稿者:cat  投稿日:2017年 3月10日(金)02時10分6秒
返信・引用
  > No.1712[元記事へ]

osyouさん、こんにちは。

私は時折りの肝臓痛と、仕事の疲れがたまった日は仕事中から明朝まで
たいてい熱が出て、これは肝臓の炎症熱? などと思いつつ、
徐々に疲れやすくなっているのを感じながらも、
ここで負けてなるものか、ウイルスを消している間に周りは
ドンドン先に歩いていってしまったけど、
転んでもただじゃ起きないぞ!と勇んで精神科の治療に重点をおいて、
夢の実現を内心に秘め口外せず、とはいえ、目標への道を彷徨っています。



osyouさんの文章を読み、ん~ つらい・・・の言葉しかでません。
間質性肺炎は、思えば、まだレベトールが出る前の、
通常のイントロンA.B が使われていた当時、
よく肝臓の薬として使われていた漢方薬の小柴胡湯とインターフェロンを併用すると
間質性肺炎になるといわれ、けっして併用してはいけないと言われたり、
(そのことは、今現在でも、一般用医薬品の販売資格の登録販売者の試験問題にも、
必ず出ます。)
その後、インターフェロン単体での間質性肺炎やレベトールでも注意して
皆、検査を受けてきたことを思い出すがゆえに、
osyouさんの今のお気持ちお察しします。

頑張って下さいというのはあまりにも酷ですが、
定めというのは本当にあるような気がします。
一生をかけて付き合っていく問題というものが、
きっと、あってしまうものなのだと思います。

あらためて、皆さんのおっしゃるように薬の副作用は怖いものです。

 

薬の副作用リスク

 投稿者:osyou  投稿日:2017年 3月 9日(木)15時35分13秒
返信・引用
  治療中の皆様方、C型肝炎はもう怖くない病気と聞きます。
自分のため大変でしょうが完治目指し頑張ってください。

ゆずさちさん、こんにちは、もうひと踏ん張り、あとひと息、頑張って下さい。
びゅありんさん、初めまして、治療頑張ってください。

皆様ご無沙汰しております。
私事ですが、昨年の八月から、心房細動治療のワーファリン代替え
新薬服用直後から、突然体調悪化、すぐに循環器医師はワーファリンに戻し、
呼吸器科も紹介された。

間質性肺炎専門医の大学病院、教授の検査結果、肺線維症、間質性肺炎と診断。
C型肝炎治療薬のインターフェロン、レベトールの副作用による発病ではない
かとの説明を受けた。ストレスなどによる体調不良も影響し、薬に反応したの
ではないかとの説明でした。今迄、症状が全くなかったので、まさか、ここまで
肺にダメージを受けていたとは気付かなかった。しかも … この病気とは一生の
お付き合いと言われ、月一回の診察と処方箋。

今も元気でいられるのはインターフェロン、レベトールのお陰と思っており、
これは致仕方なし結果とも思っております。
しかし、当時の肝臓専門医から間質性肺炎の兆候が出たら治療即中止の説明を
受け、レントゲン、血液検査もしっかりしておりましたので、間質性肺炎症状
なしとの事ですっかり安心しきっておりました。

以前、まりあさんが薬の副作用は怖いと言っておられましたが、最近、数名の
医師から薬の副作用は付きもの、怖いものなのですと聞かされました。そして
間質性肺炎服用薬も強い副作用なのです。ネットをググってみて、改めて恐ろ
しい薬の副作用を思い知らされております。これも僕の定めのようです。

僕は50歳も年の離れた孫世代と共に通信高校で学んでおります。高齢になった
今でも学び直しは新鮮です。他、数名の還暦過ぎの高齢学友と共に生涯学習と
卒業を兼ね、互いに励まし合い、楽しみながら懸命に頑張っております。
来年の今頃は、高校は卒業している予定です … 光陰矢のごとし。

Catさん、お変わりないですか、いつもありがとうございます。身体を大切に
お仕事頑張って下さい。

東日本大震災から6年経過
数メートルの津波直撃を受けた仙台市農業園芸センター 梅の木々
今年の梅花 2017-3/9


 

C型肝炎治療中です

 投稿者:ぴゅありん  投稿日:2017年 3月 8日(水)17時41分26秒
返信・引用
  2月に補助金降りて開始、ソバルディとレベトールです。途中身内の葬儀があり飛行機と電車で雪で風邪ひきましたが治療開始が2月15日で風邪が治りません。喉が痛くて回りの人達がガラガラ声と言われています。病院はカレンダーとかくれないので、アプリダウンロードして薬剤師にパスコードもらって使っています。これは助かりました。ただ動悸と頭痛がしんどいのでバファリン飲んでいます。4月にまた北関東に行くのですが心配です。  

Re: お久しぶりです!

 投稿者:cat  投稿日:2017年 3月 8日(水)00時27分26秒
返信・引用
  > No.1709[元記事へ]

ゆずさちさんへのお返事です。

こんばんは。私もレベトールを飲んでいたとき同様の副作用が出ました。
ペグインターフェロンとの併用でしたが、当初から、レベトール単体の副作用として、
それらの副作用が説明されていました。また、併用している薬の副作用を増強してしまう、との話も聞いていました。

でも、無事治療が解しできてよかったですね!
副作用と周りの人達とのお付き合い、大変だと思いますが、3ヶ月。
無事に終えられるよう祈っています。



> 皆様、お久しぶりです。お変わりないでしょうか?
> 最近、道路脇に小さい花咲いてるのを見つけると嬉しくなってしまう今日この頃なゆずさちです。
>
> 治療が始まりもうすぐ一ヶ月が過ぎようとしてます。不安に思っていた副作用なんですが、今のところ頭痛(熱はないけど熱っぽい様な感じ…)とふらつき(めまい?)です。
> とくに朝がひどく、先日、仕事早退しました。
>
> 先週の採血検査ではとくに問題はなかったのですが、今まで飲んだことのない薬だからある程度は反応が出るかもしれないと言われました(・・;)
>
 

お久しぶりです!

 投稿者:ゆずさち  投稿日:2017年 3月 7日(火)22時09分35秒
返信・引用
  皆様、お久しぶりです。お変わりないでしょうか?
最近、道路脇に小さい花咲いてるのを見つけると嬉しくなってしまう今日この頃なゆずさちです。

治療が始まりもうすぐ一ヶ月が過ぎようとしてます。不安に思っていた副作用なんですが、今のところ頭痛(熱はないけど熱っぽい様な感じ…)とふらつき(めまい?)です。
とくに朝がひどく、先日、仕事早退しました。

先週の採血検査ではとくに問題はなかったのですが、今まで飲んだことのない薬だからある程度は反応が出るかもしれないと言われました(・・;)
 

完治

 投稿者:ゆずさち  投稿日:2017年 1月15日(日)09時09分42秒
返信・引用
  皆様、ご返答ありがとうございます!とてもわかりやすくてこんな私でも理解出来ました。

完治するけど抗体は残るんですね。

痛みもかゆみも何にも自覚症状がないのに、いつのまに感染してしまったのか…。

今は来月から始まる治療でウイルスをやっつけてやろうと思います!


 

抗体

 投稿者:まりあ  投稿日:2017年 1月11日(水)00時23分47秒
返信・引用 編集済
  ゆずさちさん、こんばんは。

私は、C肝が完治したあとで、B型の検査も依頼しました。医者は、検査の必要はないと言いました。
「日本人の50~60代の8割(数字の記憶はあいまいですが、それくらいだったと思います)は、感染しているし、あなたも感染間違いない。でも症状がないから、自然に治っている。」と言いました。
結果は、知らないうちに抗体ができていました。

私のように、原因不明で慢性C型肝炎になる人、感染しても抗体ができて病気にならなかった人も大勢います。それでも肝硬変でなかったゆずさちさんは、かなりラッキーなほうです。

C肝感染については、偏見や差別は悲しいので、正しい知識を持ってほしいです。
C型肝炎 感染経路で検索されるとよいです。↓は、一例です。
http://www.kanen.ncgm.go.jp/kan-en/knowledge/#anc5

献血は、ウィルス感染した人は、もともとできませんでした。
私が完治したその日ですが、偶然、ショッピングモールに献血車が来ていて、ウキウキした気分で献血できるか確かめました。
医療者は「お気の毒ですが、献血はできません。」と答えられました。


完治ということばも、2008年のC型肝炎治療助成が始まってから、聞くようになったと思います。それまで、私も不治の病にかかっていると、覚悟していました。

 

Re: ん~(?_?)

 投稿者:tapi  投稿日:2017年 1月10日(火)23時48分4秒
返信・引用
  > No.1704[元記事へ]

ゆずさちさんへのお返事です。

> 完治しても献血は出来ないということは、もし怪我をして他の人の傷口に触れてしまったら感染してしまうのでしょうか?

ウイルスが完全に消えているなら、他人を感染させる可能性はありません。ただし抗体の陽性は一生続きます。
献血については、採血した血液の抗体しか調べず、ウイルスの有無については調べません。
そのため抗体が陽性の人の献血はすべてお断りということになるのだと思います。
 

Re: ん~(?_?)

 投稿者:cat  投稿日:2017年 1月10日(火)23時33分46秒
返信・引用
  > No.1704[元記事へ]

ゆずさちさんへのお返事です。

ゆずさちさん、こんばんは。

怪我をして出血している相手を感染させてしまうのではないか? というご心配でしょうか? もし逆の意味で、相手から感染してしまうのでは以下ということであれば、相手がキャリア(ウイルス保持者)で無ければ、その心配は全く無いと思いますよ。

そして、最初のほうの心配だとしたら、たぶん、ですけど、ほぼ間違いなくそれも無いと考えて大丈夫だと思いますよ。
たぶんと書いたのは、怪我をしているその場の状況や、消毒をしないまま、ゆずさちさんでも、他の人の手でも、触ったときに運悪くそれも偶然にC型肝炎ウイルスが付着してしまったなど、事を想定してです。

ゆずさちさんが、順調にこのままハーボニーを開始されて、
順調に経過観察も終わり、完治(ウイルス検出せず)を来年の今頃に主治医から宣言されましたら、もうキャリアではありませんから、移す心配はないですよ。
ただ、細胞の間の間、奥の隅のほうに逃げ込んでいたウイルスが数年後に再燃という
心配も自然と湧いてきますが、それを見越しての半年間という長い経過観察の
期間なので、完治宣言(SVR24)を主治医から貰ったら、
過去に自分はそういう病気だったんだ(まりあさんの書かれた既往歴)
ということだけ覚えておいて、
肝臓にダメージは少なからず当たってしまったから、念のための定期健診や、
がん予防のためのエコー検査は一応やっていこう、キャリアではないけれども、
過去にウイルスはいたから、血液感染で他人に絶対影響が無いということも
無いかもしれない、絶対は無いから一応注意しておこう、
でも自分は治った。完治した。

と考えていいと思います。

輸血や献血できないのは、あくまでもそれらが必要としているのは、
生まれつき健全な血液なので、抗体がある血液は何も問題の無かった
「健全な血液」として、必要としている人に輸血することはできない、
くらいに思っておいて、献血できないから自分の血液が完治していない、
というわけではなく、心配しなくても大丈夫だと思いますよ。




> tapiさん、まりあさん、cat さん、皆様こんばんわです。
> ご返答ありがとうございます。C型肝炎は完治するけど、C型の抗体(?)は残るということでしょうか??今のところ肝脂肪や肝硬変といったC肝以外は言われてないですが、完治しても献血は出来ないということは、もし怪我をして他の人の傷口に触れてしまったら感染してしまうのでしょうか?(--;)何度も質問ばかりですみません。
>
 

ん~(?_?)

 投稿者:ゆずさち  投稿日:2017年 1月10日(火)21時59分0秒
返信・引用
  tapiさん、まりあさん、cat さん、皆様こんばんわです。
ご返答ありがとうございます。C型肝炎は完治するけど、C型の抗体(?)は残るということでしょうか??今のところ肝脂肪や肝硬変といったC肝以外は言われてないですが、完治しても献血は出来ないということは、もし怪我をして他の人の傷口に触れてしまったら感染してしまうのでしょうか?(--;)何度も質問ばかりですみません。
 

新年おめでとうございます。

 投稿者:cat  投稿日:2017年 1月 8日(日)01時06分2秒
返信・引用
  皆さま、新年明けましておめでとうございます。
そして、毎年だんだん感じるのが、無事に年を越せて(経済面なども)良かったな~と、
感じつつ周囲に新年の挨拶をするようになりました。

osyuoさん、なんとも言い難い思いがけない難病の連続、生涯学習に楽しみを見出されていた
ところへの、水を差すような薬の副作用からの症状に、世の中の不条理に憤りさえ感じます。
隣の芝生は青く見えるもの、という言葉に自分へ戒めを考え直すことは多々あれど、
あの人は、そんなに試練が無いじゃないか!不公平だ!と天に不満ばかりの自分ですが、
やはり、試練の連続が辛いことに変わりは無いです。まさに不条理だとしか思えません。
ですがosyouさんのことですから、きっとこれもまた楽しみの学習をしながら、
乗り切っていくのだろうな~、と漠然と感じています。信じています。


数年前、強ミノや少量長期のペグイントロンを打ってくれていた、地元の病院の院長先生に
正月に始めて診察室に入った際、おそらく患者みんなに言っているでしょうが、
入るなりこちらに、「今年は飛躍の年にしましょう。」と当然のように言われました。
当時は肝移植の手続きをし、ドナーを探したり、少しでも進行を先に延ばすだけの
ふさぎこんだ気持ちでしたから、そこに言われ「え?」と気持ちに希望の矢を突き刺された
ような気分でした。「そうか、自分は耐え忍んでいるだけじゃなく、積極的に治療を探しもいいんだ!」と感じ、新たに病院を探し出し、晴れて新薬にたどり着くことがで来ました。

あの時の「飛躍の年にしましょう。」という軽い挨拶は自分にとってとても重く、
勇気を与えてくれた発想の挨拶でした。

「飛躍の年」のタイミングはきっと人それぞれだと思います。
今年か来年か、再来年か。
準備が整ったり、治療環境が変わったり。
どうぞ、様々な病気で、また他の問題でも、耐え抜いている方にとって今年が「飛躍の年」に
なりますよう、願っております。


まりあさんの新年早々に頂いた情報は、肝硬変で新薬治療の医療費助成が適応されずに、
高額になり断念した肩にとっては希望の情報だと思います。
それに、とてもきれいな写真ですね。

ゆずさちさんの横浜も羨ましいです!

今年もよろしくお願いします!
 

キャリアではない

 投稿者:まりあ  投稿日:2017年 1月 7日(土)19時51分25秒
返信・引用 編集済
  tapi さん、ゆずさちさん、みなさん、今晩は。

C肝の完治が決定した時の診察室で;
「今後、問診でC肝について聞かれたら、私は何と答えたらいいですか? 36年間、[慢性C型肝炎]だったけど、もうC肝患者ではないのですか?C肝になったことのない人と同じですか?」
と、私は主治医に聞いたものです。

「【C型肝炎既往ではあるが、キャリアではない】で、いいよ。」が答えでした。

C型肝炎キャリアとは「C型肝炎ウイルス持続感染者」のことだそうです。

私のウィルスは消えたから、持続感染者ではなくて、肝臓の炎症も収まったのでしょうね。


余談;献血については、完治でもできません。ウィルスを排除しても、抗体があります。C型肝炎のことは、まだよくわかっていない部分があると聞きました。

またC型肝炎はウィルスを排除できるけど、B型は排除出来なくて、臨床的治癒だそうです。

osyou さん、お察しします。
私の周りでも抗がん剤が効いたのは、よかったのですが、薬の副作用で、インシュリンが完全に出なくなって、自分でインシュリン注射を打っていた人が、二人もいました。
半年ほどしたら、どちらも自然にホルモンが出るようになりました。ほっとしています。

ゆずさちさん、みなとみらいの灯りがきれい! 大都会の写真、ありがとうございます。元気がでます。
 

Re: あけました!おめでとうございます!

 投稿者:tapi  投稿日:2017年 1月 7日(土)12時46分40秒
返信・引用
  > No.1700[元記事へ]

ゆずさちさんへのお返事です。

> 今さらですが、治療したらC肝ウィルスと共に今の慢性肝炎も完治するのでしょうか?
> ウィルスが消えても肝炎は別で治療するのでしょうか?何も知らないですみません。

わたしも素人ですが、
ウイルスが原因の肝炎なら治るのではないでしょうか。
肝機能の数値が改善するので実感できます(私はそうなりました)。
ただし飲酒や脂肪肝由来の肝炎も併発していたのなら、そっちの治療は引き続き必要でしょう。
 

あけました!おめでとうございます!

 投稿者:ゆずさち  投稿日:2017年 1月 6日(金)23時20分33秒
返信・引用
  osyou さん初め皆様、あけましておめでとうございます。
初詣におみくじひいたら、凶……病い長引く……って書いてありました!リアル(泣)
そんな年明けを迎えたあたしですが…(^_^;)ポジティブに行きたいと思います!治療はなんだかんだ2月半ばから始まります。
今さらですが、治療したらC肝ウィルスと共に今の慢性肝炎も完治するのでしょうか?
ウィルスが消えても肝炎は別で治療するのでしょうか?何も知らないですみません。

まりあさん、とてもきれいな写真ですね!勝手ながらアルバムに保存させてもらいました!
実家(横浜)に帰ったのであたしもその時の1枚です☆
 

Re: 肝硬変に新薬

 投稿者:osyou  投稿日:2017年 1月 6日(金)19時59分43秒
返信・引用
  まりあさんへのお返事です。
戦友の皆様方、あけましておめでとうございます。
闘病中の皆様方に今年は良い年になりますよう願っております。

まりあさん、あけましておめでとうございます。お孫さんの誕生楽しみですね。去年、まりあさんの薬は怖いと書いてありましたが、僕も去年9月から心房細動のワーファリンの替わりの新薬を飲みはじめてから、妙な咳が出はじめ、循環器から呼吸器を紹介され検査した結果、肺機能悪化と診断されました。新薬が反応しての咳でした。本当に薬の影響は怖いです。余生の楽しみの生涯学習の一環もすんなりとはいかないようで、またしても難病との試練です。どうなることやら、困ったものです。
まりあさん、近況またお聞かせください。青空と雲、青い海、いい風景ですね、心も気持ちも晴れる思いです。今年もよろしくお願いします。
 

肝硬変に新薬

 投稿者:まりあ  投稿日:2017年 1月 5日(木)23時55分20秒
返信・引用
  osyouさん、明けましておめでとうございます。
ココさん、治療中のみなさん、体調はいかがでしょうか。

2018年の製造販売承認を目指す、重度肝硬変の新薬治験のニュースが目に入りました。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170105-OYTET50000/


うちは夫が用心して、車の運転をやめました。年末は、頼るものは自分しかないと覚悟を決め、30年ぶりに自身で高速道路を走りました。
関門橋を渡り、中国自動車道へ入り、日本海へ。写真はその時に撮ったものです。

今年はもう一人、孫が増える予定で、楽しみにしています。




 

ハーボニー治療法

 投稿者:ココ  投稿日:2016年12月12日(月)01時39分1秒
返信・引用
  治療を始めて38日目です。5日前から二日酔いのような…食べ物受け付けなくなりました。匂いもダメです。
次回病院で吐き気止めを処方してもらおうと思ってます。
とりあえず今は思考能力などあまり持ち合わせておらず…つらいばかりで…みなさんはどうなのか、この掲示板を見つけたので書き込みたくなりました。
 

明けない夜はない

 投稿者:まりあ  投稿日:2016年11月18日(金)21時25分17秒
返信・引用
  ゆずさちさん、治療は短期間ですし、終われば「完治」です。やるだけのことありますよ。

osyouさん、ワーファリンを飲んでいらしたのですね。食べ物や怪我等、気を使いますよね。それにしても今回の新薬の副作用のご様子、お察しします。お話を聞いて、長い暗いトンネルの中のようだったインターフェロンの記憶がフラッシュバックです。
薬をやめたら徐々に回復されると思います。そう祈ります。

私の体質ですが、毎日飲める軽い薬だとすすめられても、実際に飲むと約1週後に悪心や発疹が出ます。そのため、頭痛や悪寒では、薬を飲まないことのほうが多いです。「死ぬほどの病気じゃないし、何日か耐えれば、治るだろう。」と、ひたすら早寝。

でも、体の具合がよくないと、気が細ります。盆正月しか見ない孫にあと何回、会えるだろうかなどと。

夫が倒れた時は、まず思ったのが介護。 義母も高齢。もし私がC肝のままだったらと想像すると、体力的にぞっとしません。夫の後遺症が少なくてすんだのは、ありがたいです。

catさん,C肝は大腸がんになりやすいって、知りませんでした。そういえばインターフェロン治療中、腸炎もありました。気をつけます。
 

ありがとうございます☆

 投稿者:ゆずさち  投稿日:2016年11月15日(火)22時52分32秒
返信・引用
  Catさんはじめまして。まりあさん、osyou さんそして皆様こんばんわです。
まりあさん、ご返答ありがとうございました。
何だか、皆さんの経験を読ませて頂くと私の想像以上に大変な思いをされてるんですね…。
医師にC肝に感染してると言われ、ビビりな私は自分がどうなっちゃうのー!って悪い方にばっかり考えてしまいました。
ですが、この掲示板に出会い色んな方の色んな経験談を読ませてもらい、私は完治出来るんだ!と本当に勇気と自信をもらいました。

Cat さん、来年から始まる薬は飲み薬です。皆さんや担当医にも副作用も少なく完治すると言われてますが…
正直、実際に飲むまでは不安が全くないかと言ったら0ではないかもしれません。すみません…(..)

でも!皆様からもらった勇気と自信をもって完治したいと思います!\(^o^)/
来年から治療が始まりもし、副作用があったりしたらお伝えしたいと思います。
 

薬は本当に怖いです

 投稿者:osyou  投稿日:2016年11月15日(火)18時34分53秒
返信・引用 編集済
  まりあさん、catさん、お久しぶりです。
薬は本当に怖いです。僕は十年ほど前から心房細動でワーファリンなる薬を飲んでおります。ワーファリンは納豆、青汁、グレープフルーツ、クロレラ等が絶対摂取厳禁でした。

二か月程前、医師から新薬の話があり、説明を聞いたところ、この新薬、食べ物制限一切無し … 大好物の納豆がまた食べられるの一言で、すぐ新薬に飛びつきました。絶対禁止は水虫の飲み薬だけとの事でした。

ところが一週間ほどしてから、突然の動悸、息切れ、めまいに、立ちくらみ、冷や汗、一時間は横にならなければ回復しないだるさに襲われ、しばらく我慢してましたが、このまま心臓が止まるのではと思うほどの辛さでした。

もしや新薬のせいではと疑い、ネットで調べたところ、すっかり同じ症状が出ており、びっくり仰天でした。一刻も早く病院に電話して診察を受けての、家族の勧めで、総合病院に電話したところ、すぐに来て下さいと言われ、診察の結果、新薬が合わない可能性との診断で、すぐ違う薬に変えたところ、症状が軽くなりました。

いまだ心臓の具合は以前のようには戻っては来ません。ワーファリンも二か月に一回の血液検査のたびに微調整でした。高血圧の薬も約十年、微調整しながら服用です。薬は本当に怖いです。

インターフェロンの副作用経験も踏まえ、薬の効果の良し悪しは実に恐ろしいと感じている昨今です。

久しぶりにまりあさんの近況を知り、ご主人様の回復と、義母様がお元気で過ごせるよう願っております。僕の母は昭和二年生まれで健在です。昭和三年生まれの大好きだった義父が最近亡くなりました。寂しいです。まりあさん、お互い、身体に気を付けて参りましょう、また近況をお聞かせください。いつも有り難うございます。

catさん、お元気なご様子に安心です。いつもお気遣い頂き、有り難うございます。ご先祖様に試練を頂いているのか、僕は先を手探り状態で過ごして御座います。
 

レンタル掲示板
/29