teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


歴史と娯楽2

 投稿者:history_fiction_and_fact  投稿日:2014年 8月13日(水)12時16分58秒
返信・引用
  歴史と娯楽2 - Yahoo!ブログ  
 

朝日新聞が好む定番の歴史観

 投稿者:history_fiction_and_fact  投稿日:2007年10月15日(月)15時35分24秒
返信・引用
  > No.4[元記事へ]

トップ > 使い方 > Yahoo!ニュース > 国内 >  教育 > 日本史
朝日新聞が好む定番の歴史観  2007/10/15 0:38 [ No.142 / 142 ]

朝日で近現代史の特集をしていたが、代わり映えがしない。
大体、歴史というと近現代ばかり扱うのは偏っている。

朝日新聞に載った東京大学准教授の加藤陽子氏のシベリア出兵前後の時代に関する分析も同じ。

まず、人の説を引き合いに出し「日本が戦争で得たものは憲法のみ」との意見を支持するかのように引用。
この「憲法」とは昭和憲法のことだろうが、「終戦」前にも「明治憲法」があったのをまさか知らないわけではあるまい。
相変わらず昭和憲法をありがたがる憲法教の説教を好んで紹介する朝日論壇の病気が出ている。

それで「他の国なら革命で得たものを日本は戦争で周辺諸国を巻き込んで手に入れた」とある。
まるで、日本だけが戦争をしたような表現で、30年戦争やアヘン戦争、イラク戦争を無視している。

しかも、戦争を批判しながら、他の国でやった「革命」を理想化し、「日本でも革命が起こればよかった」、「革命ができなかった日本人民は出来損ない」とでも言いたそうな論旨である。

つまり、この加藤氏は、国同士がやる戦争は「悪」だが、国内の「革命」は「人民解放」の理想だったと言いたいらしい。

実は、「革命」というのは国内の戦争であり、その勝者が政権をひっくり返せば「革命」になる。逆に言えば戦争は国際レベルでの「統治」とそれに対抗する「革命」を目指しているものだ。

シナも朝鮮も内戦で分裂や新国家建設をしていたことはどうなのか。

そう想って続きを読んだら「日本の敗戦は近隣諸国にとっては光復だったが、同時に混乱ももたらし、朝鮮では国づくりで団結する暇がなく分裂、中国では国共内戦となった」とある。

まるで、シナと朝鮮の内紛が、日本の戦争を経た結果、とばっちりで起こったような解釋で、では、シナと朝鮮の内紛が満洲国建国以前、あるいは日韓併合以前から日常茶飯事だったことはどこへ行ったのか。

どうもこの准教授先生はシナの内戦と南北分断も「日本のせいだ」と決め付けたいのだろう。

シナも朝鮮も、始皇帝の時代、あるいは高句麗、百濟、新羅の時代から、勝手な内紛、内戦を繰り返し、中世から欧洲の大航海時代が始まった。
日本の歴史はその混乱からどう守るかという模索の繰り返しであった。

朝日に載ったこの文章では、結局、戦争を「日本国内に問題が生じた」→「日本が戦争を始めた」→「周りが応戦、または被害を受けた」という順序だけで判断しており、日本が戦争をする原因になった国際情勢を無視している。

「戦争」を全て日本の国内の原因から考えている点で、日本を戦争に巻き込んだ外因という観点が缺落しており、從来の朝日新聞的な歴史観と大して変わりがない。

日本が戦争をするかしないかを日本国内の「憲法」という紙切れだけの問題に矮小化している日本の平和主義者は「世界」というものが全く見えていない。
戦争は相手がいるから起きるのであり、戦争を禁ずるのは国際法や条約の範疇に属する。

朝日新聞的な平和論は結局、昭和の「平和憲法」を神聖化し、それをありがたがる教条主義のために歴史のつまみ食いをしているだけである。

識者の声として選ばれる論客も、ほとんど、その筋の人だらけになる。
その工作を読者に見抜かれていることに、朝日新聞社は気づいていないのだろう。

これは メッセージ 141 gonzacatv06 さんに対する返信です

     [ 前のメッセージ | 次のメッセージ ] [ 最初 | 最新 | 一覧 ]

朝日新聞の二枚舌琉球の「自治」、朝日新聞の二枚舌、世界が目指すのは統一か独立か
 

琉球の「自治」、朝日新聞の二枚舌、世界が目指すのは統一か独立か

 投稿者:history_fiction_and_fact  投稿日:2007年10月15日(月)14時47分10秒
返信・引用 編集済
  > No.3[元記事へ]

ガンダム00」で「24世紀になっても人類は一つになっていなかった」という話。ということは人類は「一つ」になりたいのか。「一つ」にするにはそれに至るプロセスとして、国を滅ぼし、俗に言う「侵略」をすべきなのだが。

トップ > 使い方 > Yahoo!ニュース > 国内 > 教育 > 日本史
一覧
琉球の「自治」  2007/ 9/ 9 13:28 [ No.131 / 142 ]

9月8日の朝日新聞で石垣島出身の東海大海洋学部准教授で経済学博士の松島泰勝(まつしまやすかつ)氏の文が載っている。
1963年生まれというから野比のび太(1964年~)と藤井フミヤ(1962年~)の間の年齢になる。
www5b.biglobe.ne.jp/~WHOYOU/matusima-t.htm

松島氏は「琉球では日本国からの『独立』が時として熱く論じられる」、「遠い未来の独立に期待し続けるよりも、いま生きている人たちの自覚と行動によって、現実的な変革が可能ではないか。私はこれを琉球の『自治』と名づけたい」と書いている。

朝日新聞は一方で「アジア統合」や「東アジア共同体」、「グローバル化」などを好意的に取り上げながら、琉球に関してはそれと逆行する独立を支持するのだろうか。

琉球の独立が松島氏の言うように「遠い未来」の理想だとすると、かつて一部の人が夢見た「世界連邦」など夢どころか言語道断で、琉球人はそれと逆の「国家増殖」を望んでいるようだ。

朝日では反戦主義者の意見として「攻められたら滅びればいいじゃないですか」という意見が載ったこともあるが、中国人も朝鮮人も自国が滅んでもいいから抵抗しないという平和主義にいきつくことができるか。

日韓併合や日中戦争で、朝鮮人や中国人が自分たちの「国家」を復活させよう、または守ろうとして武力を選んだのは間違いだったことになる。

これは メッセージ 1 topics_editor さんに対する返信です
--------------------------------------------------------------------
世界が目指すのは統一か独立か  2007/ 9/ 9 13:34 [ No.132 / 142 ]
書き直し

喜納昌吉11年前の朝生で「琉球を最初に侵略したのは日本だ」と言い、「人類のしたことで間違っているのは国家を作ったこと」と言った。

琉球は、日本に併合される前にシナや朝鮮から侵略されなかったのか、また、琉球の統一は琉球内部での所謂「侵略」の結果のはずではないかという疑問はある。
それ以上に、「国家」が誤りと言いながら、「琉球」という「国家」を滅ぼした日本の行為を批判するのは矛盾している。

世界を一つの国にするには、世界中の国が一斉に主権を放棄する形でなければ、まず琉球がなくなり、朝鮮がなくなり、日本がなくなり…という形で国家が減って次々と隣国に併合される過程をたどるしかない。

つまり、日本がしていたことは世界連邦実現までの過渡期の段階を作ることだった。
もし、日本が大東亜戦争で大勝し、世界中を併合し続けて、全地球を日本領にしてしまったら、その時点で「世界連邦」が実現し、永遠の平和も現実のものとなるが、同時に日本は日本でなくなる。

一体、朝日新聞や沖縄県民は世界を統合したいのか分裂させたいのか、はっきりさせるべきだろう。
歴史とは裏表があるもので、「統一」とは「侵略」であり、「独立」とは「分断」である。
--------------------------------------------------------------------
朝日新聞の二枚舌  2007/ 9/11 18:41 [ No.133 / 142 ]

「素粒子」で911テロの悲劇を語り、「憎悪の連鎖は武力では解決しない」。そこはではいい。後半に「イマジン」の日本語譯を紹介し、「想像してごらん、国境なんてないことを」だそうだ。

「沖縄の独立」を好意的に取り上げていたのはどこの新聞か。
一方で、国際柔道連盟の幹部から日本人がいなくなっただけで朝日は大騒ぎ。朝日新聞の国粋主義。
--------------------------------------------------------------------
Re: 琉球の「自治」  2007/ 9/30 16:23 [ No.135 / 142 ]

>日本なんて亡んでもいいじゃないですか

確かに、日本は琉球や韓国を一度は滅ぼして併合した経緯があり、日本人は一度、自国が他国に併合されて、あるいは祖国が分断されて他の国に支配される時代を1世代でも経験したほうがいいと想いますね。

当の私も日本人ですがね。

ヤンキーによって原爆を落とされたのも、日本人が天皇制を守ろうとしたためで、天皇制のために庶民を見殺しにするのが日本だったわけです。

どんな政治家を選んでも政治とカネの問題が出てきます。一度、憲法も非核三原則も天皇制も議員内閣制も全部、無くして、ゼロから再スタートしたほうがいいと想います。

日の丸と君が代を嫌がる人も多いようなので、一度、「日本」をこの世からなくしたほうがいい。
大和民族も沖縄人の苦悩を少しは味わうほうがいいと想います。

これは メッセージ 134 yamamura002 さんに対する返信です

--------------------------------------------------------------------
Re: 琉球の「自治」II  2007/ 9/30 16:31 [ No.136 / 142 ]

大和が沖縄を併合しても、大和民族が沖縄を犠牲にして大和を守ろうとしただけでしょう。

沖縄戦で日本兵が沖縄県民に集団自決を強要したらしい。
満洲でも関東軍が邦人を見捨て、現地の庶民は当時のソ連軍の攻撃で、虐殺されました(この場合、日本人がロシア政府の歴史観を問い続けないで、自国日本政府への批判の材料にしているのは、日本人特有の珍しい態度でしょう)。

そして、「大和を守る」といっても、大和の庶民が焼夷弾や原爆でやられても、当時の天皇と首相は何もせず、放置していた。庶民を犠牲にして天皇を守るのが「国防」だったわけです。

もっと、言うと天皇にもしものことがあっても、三種の神器だけは守ろうという方針だったらしい。つまり、当時の裕仁氏の命より玉や、鏡や、剣(そして神武天皇のY染色体?)が大事だったのでしょうか。

ミャンマーの軍事政権がデモ隊を弾圧していますが、あのミャンマーの軍人は何を守ろうとしていたのか。彼らは国を守るための兵士のはずですが、守るべきは銃口を向けている庶民、僧侶のはず。では、銃撃の目標にしているデモ隊は、デモに参加していないほうの国民の安全を脅かしているのか。

「国を守る」とは何なのか、考えたほうがいいでしょう。
--------------------------------------------------------------------
日本軍の強制による集団自決  2007/ 9/30 16:50 [ No.137 / 142 ]

文部科学省はどうして「日本軍の強制による集団自決」を教科書から削除しようとしたのでしょうか。
削除したらそれがマスコミで取り上げられて、かえって高校生たちに知られることは明白です。

もし、「日本軍による強要」が事実誤認または異論がある論争中の問題なら、邪馬台国の場所の問題と同じで、両論併記すればよく、あるいは「日本軍の強要による と・言・わ・れ・る」、「証・言・に・よ・る・と・日本軍の強要により」とでも書き直せばいい話です。

歴史とは正しい1つの歴史がわかってから書くというのではいつまでたっても記録も学習もできません。
むしろ、ドラマでも映画でも小説でも、複数の「歴史観」があれば、原典を明確にして併記し、学生に選ばせる学習法がいいでしょう。

ただ、集団自殺というのは憲法が禁じている戦争ではなく、その逆です。
沖縄の日本兵が県民に自殺を強要したのは大間違いですが、では、どうすべきだったかと言えば、日本軍人がアメリカ軍相手に最後の一人まで戦って玉砕すべきだったという結論になります。
--------------------------------------------------------------------
歴史は教科書だけに頼っていていいのか  2007/ 9/30 16:52 [ No.138 / 142 ]

それから、歴史認識について「教科書に書いてあれば知っている」、「教科書から削除されると知らない」というのは、余りにも怠慢が過ぎます。
日本国民は教科書執筆者と文科省によって洗脳されるロボットなのでしょうか。
歴史観の問題が、たかが教科書ごときの記述の問題に矮小化されているのは、この手の論議の一番、不自然なところです。

また、戦争の反省が、経験者が生き残っている62年前までの戦争に留まっているのは、人間の反戦論の限界です。

壇ノ浦での多くの非戦闘員の入水自殺、赤穗浪士の集団自殺(その前の大量殺傷事件)、戊辰戦争での白虎隊の集団自殺、西南戦争などは、誰かから強要されたものではないのか。

日中戦争が始まった1937年は1877年の西南戦争から戦後60年で、その西南戦争は1868年の戊辰戦争からたったの9年です。

これらの悲劇の証言者はもう生き残っていません。

体験者のいる戦争だけを反省していると、平和な世の中が60年、70年と続いて体験者の寿命が尽きれば、戦争体験は語り継がれなくなるという矛盾が生じます。

--------------------------------------------------------------------
Re: 集団自決「強制」報道の真相  2007/10/ 4 23:39 [ No.140 / 142 ]

教科書で「あった」と「なかった」を両論併記したほうがいいような気がする。
文科省の言いわけにあった「強制がなかったというのが定説になっている」というのはどこの世界の定説なのか。

沖縄県民や戦争経験者は当事者だからいいとして、それ以外で、こういうことに熱心になる人は沖縄戦の当時、何歳で、どこにいたのか。

「証言」や「情報」を受け取っただけの人が不毛な論争をしているような気がする。
沖縄の人たちも、大和の東京で検定された教科書だけで沖縄の歴史が決定されるような言い分はやめて、自分たちで独自の県史を守り、それを大和を含めた世界各地でつたえて行けばいい。

そもそも、高校の歴史の教科書の内容など、大人になれば忘れるもの。
私も「日本軍の強制とされる沖縄の集団自決」は知っているが、高校の歴史で教わったかどうか、高校の教科書に書かれてあったか、全く覚えていない。
集団自決の歴史は、その後の生活で覚えたもの。

中学のときの教科書を見たら「ひめゆりの塔」が少しあるだけで、集団自決の話はない。

それから、壇ノ浦での平家の女・子供の集団自決については、セーガン博士の「コスモス」で知った程度で、大河「義経」でも再現されたが、昔の中学の歴史教科書では「義経が壇ノ浦で平家を滅ぼした」とあっさり書いてあるだけ。

平家の女たちの入水自殺は平家の日本軍人(武士)たちによる強制だったのかどうか。「わだつみ会」に検証していただきたい。

これは メッセージ 139 majiressureto さんに対する返信です
 

沖縄での運動だけでは限界がある

 投稿者:history_fiction_and_fact  投稿日:2007年10月15日(月)14時33分46秒
返信・引用 編集済
  > No.2[元記事へ]

トップ > 地域 > 日本の地方 > 沖縄県 > 行政 > 9.29 県民大会

沖縄での運動だけでは限界がある  2007/10/ 5 11:58 [ No.100 / 156 ]

沖縄の人たちが沖縄で集会を開いて叫ぶだけでは、国を動かすには限度があります。

国会議員や教科書検定官の中に沖縄県民がいない、またはいても少数であることが問題で、沖縄県民が県民を国政に送り込む努力が足りなかったのではないでしょうか。

早い話が、沖縄県民が大政党を作って、衆参両院で過半数の議席を獲得して永田町を乗っ取り、日本全体を沖縄にしてもよさそうなのに、沖縄人はなんでもヤマト頼み。
歴史にしても東京にお願いして「真実を教えて欲しい」と頼むだけ。教科書で何が書いてあろうとなかろうと、自分たちで歴史を学び、教え、「沖縄から観た歴史」を守り、それをヤマトも含めた世界中で出版、あるいは講演などで訴えればいいわけです。

また、もし、沖縄が日本から離れて独立国家になったら、なおさら、日本の歴史教科書は琉球国民の意見など聴かなくなります。中国や韓国が干渉すること自体が反則なのですから。

沖縄県民は日本の政治に参加できるのですから、県内で運動などするより、東京の国会で県民の意思を多数派にする努力をすべきです。もちろん、ヤマトの人間が沖縄人の声を聴くことが一番大事ですが。

あるいは、沖縄がアメリカの州になって、沖縄人がアメリカの大統領選挙に投票して、ホワイトハウスを動かしたほうが手っ取り早いかも知れません。そうすれば、東アジアに巣食う「米軍基地」という「百害あって一利なし」の邪魔者を撤去できます。

また、日の丸と君が代を嫌がる人たちが沖縄にもヤマトにも多いようですから、いっそ、日本という国を地球上からなくして、日本列島を沖縄まで含めてアメリカの州にしたほうがいいかも知れません。
日本がなくなれば、日本の国旗も国歌もこの世からなくなり、卒業式などでこれらを嫌がる人たちは満足するでしょう。

その場合、日本が抱える領土問題は全て、アメリカが抱えることになります。そして、日本人全体が日系アメリカ人になり、アメリカの選挙権を持ち、日系人、あるいは沖縄系人がアメリカの大統領になる可能性もあります。

アメリカはそれを恐れて、日本をアメリカの属国に留め、アメリカの政治に参加させようとしないのでしょう。

これは メッセージ 99 history_fiction_and_fact さんに対する返信です

99 教科書検定について 2007/10/ 5 11:32

こちらにも書きこみました。

トップ > 使い方 > Yahoo!ニュース > 国内 > 教育 > 日本史
トップ > 地域 > 日本の地方 > 沖縄県 > 行政 > 琉球独立宣言

教科書検定で「日本軍による強制がなかったというのは定説でなくなった」ということが削除の理由だったようですが、それなら教科書検定でいきなり出るのではなく、その前に一般報道で「沖縄集団自決、日本軍による強要は誤解か」というように、社会人にも知らせてしかるべきでしょう。

高校を卒業して10年、20年、30年たったオトナは定説の変化など新しい検定教科書で学ぶ機会はほとんどない。

教科書検定でいきなり、そんな「新説」が出ると、これは検定自体が「定説」に逆らっているとしか想えません。

「軍による強制があった」とする証言者もいるのに、それを否定するというのが「定説」なら、一体、どこの世界の「定説」なのか。検定官のほうが世間知らずなのではないか。

私は「日本軍による強制で、沖縄集団自決」というのが「定説」だと想っていました。

ただ、高校の教科書で教わったかどうかは記憶にありません。
中学のときの教科書を見直すと、「ひめゆり」関連の写真と説明が小さく出ているだけで、集団自決は書かれていませんでした。

私は、その前に漫画の「はだしのゲン」で初めて知ったわけです。

だから、たかが教科書の記述一つで歴史的“事実”が抹消されるように大騒ぎする沖縄県民の皆さんも、少し考え直したほうがいいと想います。

それから、教科書への政治介入がよくないという意見があって、これがどうもわからない。
そもそも文科省があってそのトップに国会議員が任命されること自体が教育への政治介入なので、政治介入は別に問題ではないでしょう。
政治介入が嫌なら、学校教育は全部、民営化すればいいのです。

さらに、「政治介入に反対していた人が、今回は政治介入を謀っている」という批判があるのは本当なのでしょうか。

例えば、日頃は教科書検定を批判しながら、気に入らない歴史観の教科書が出てくると「検定を強化しろ」と言い出す「二枚舌」の人も世の中にいるようで、本当でしょうか。

これは メッセージ 1 buyou_no_kirari さんに対する返信です

================================================================
98 Re: 9.29 県民大会 2007/10/ 5 10:18

Re: 9.29 県民大会  2007/10/ 5 10:18 [ No.98 / 156 ]

こちらを御覧ください。

トップ > 使い方 > Yahoo!ニュース > 国内 > 教育 > 日本史
琉球の「自治」
世界が目指すのは統一か独立か
朝日新聞の二枚舌
Re: 琉球の「自治」II
日本軍の強制による集団自決
歴史は教科書だけに頼っていていいのか
Re: 集団自決「強制」報道の真相
(“Re: 集団自決「強制」報道の真相”前後一覧)

これは メッセージ 1 buyou_no_kirari さんに対する返信です
 

投稿List

 投稿者:history_fiction_and_fact  投稿日:2007年10月15日(月)01時16分21秒
返信・引用 編集済
  超空想虚実歴史
==========================

朝日新聞が好む定番の歴史観
沖縄での運動だけでは限界がある
琉球の「自治」、朝日新聞の二枚舌、世界が目指すのは統一か独立か
 

レンタル掲示板
/1