teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL

スレッド一覧

  1. ファスティング(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


魂の学び

 投稿者:管理人  投稿日:2021年10月16日(土)11時32分11秒 101-141-146-178f1.wky1.eonet.ne.jp
返信・引用 編集済
  >キリスト教もイスラム教も同じ神を信じていますので、キリスト教とイスラム教の争いは>神の争いではなく、これはユダヤ教もそうですが、イエスの捉え方の違いと組織宗教指導>者の問題だと思います。

>ただその争いもまた魂の学びです。

このようにあります。
尋ね人さんが、前判後判で迷った解釈をしるように、文というのは言葉を尽くしません。
この書き込みをもって私にそう捉えられても仕方ありますまい。
違うならば、今頃言わずにその場で直ぐに違うと答えればよかったのですよ。

ですから、近くのお寺に行きなさいということですよ。

竜泉寺申し状には「「国に聖人有れば天必ず守護す」云云、外書に云く「世必ず聖智の君有り而して復賢明の臣有り」云云、此の本文を見るに聖人国に在るは日本国の大喜にして蒙古国の大憂なり諸竜を駆り催して敵舟を海に沈め梵釈に仰せ付けて蒙王を召し取るべし」
とあるではないですか。

日本国が滅ぶというのは信心を勧めるための御教導であって、日本国を守らんとされておられるのは当然です。そしてこれもまたその通りになったのです。
またも聖意の取り間違えで予言が外れているなどというようなことを言っております。
文は、言葉を尽くさず、言葉は心を尽くさずでありますから御相伝による正しい御書の解釈が必須となるのではないでしょうか。

この掲示板は法論の場ではありませんから、これ以上の書き込みは禁止したいと思います。
 
 

Re: (無題)

 投稿者:尋ね人  投稿日:2021年10月15日(金)23時00分3秒 softbank126147189030.bbtec.net
返信・引用 編集済
  管理人さんへのお返事です。

> 尋ね人さん。ここは、法論の場ではないということをご承知でしょうか。

 法論ではありません。意見交換です。

> 「先判後判の中には後判につくべし」これは開目抄の御文でべしのあとに「ども」とついています。この御文は、何に対して言われているかというと権実相対ではないでしょうか。権教にに対して実教である法華経が信じがたいということに対しての文であるのでそれを法華経内の方便品、比喩品と嘱累品に持ってくるのが切り文で勝手な解釈となるのではないでしょうか。

 日蓮さんは本迹の相違について、

 本迹の相違は水火・天地の違目なり。例せば爾前と法華経との違目よりも猶相違あり

と権実の相違よりもなお相違があると言っています。ならば本迹において先判後判にケジメをつくるのは権実相対よりも更に大事だと思います。


> 折伏を表とする当の大聖人様の意に既に反していることがわかるでしょう。

 先判に固執する日蓮さんの誤りであり、法華経の文に日蓮さんが背いていると思います。

> また法華経にも摂受・折伏がありますから、それらは時機を鑑みなければなりません。

 摂折の時機を弁えよとは法華経のどの文でしょうか?

> 嘱累品や安楽行品のような摂受の御文もあれば、不軽品のような折伏の品もありますから嘱累品をとってこうだというのは偏波ではないでしょうか。
>

 不受余経一偈の文は法華経以外の経文を一偈であっても受けてはならないという意味ではありません。日蓮さんの誤りだと思います。

> 日蓮大聖人は法華経身読されて法華経の予証を体現されております。
> 私は、そこに信をおいています。

 はい。それが信仰というものだと思います。

> 法華経を付属されたお方ということが言えますが尋ね人さんは、そのような法華経の大難には会われていないおでしょう。なにも信じるに足るものはありません。

 はい。別に私に信を置く必要はありません。

> 怖いですよ。武道に精通した鎌倉武士から命を狙われるのですから、その辺の暴漢が刀を振り回すのとは訳が違います。また処刑の座にあったりと。それらを乗り越えて立正安国論の予言も的中しています。

 他国侵逼難とて此の国の人人・他国に打ち殺さるのみならず多くいけどりにせらるべし、建長寺・寿福寺・極楽寺・大仏・長楽寺等の一切の念仏者・禅僧等が寺塔をばやきはらいて彼等が頸をゆひのはまにて切らずば日本国必ずほろぶべしと申し候了ぬ

 日蓮さんは必ず日本国が滅ぶと予言しましたが、この予言は外れました。

大乗経典が理論だけでなくの現実へ真実性も現れております。
>
 大集経や金光明経等の災厄説は、古代中国の天人相関説に似ているような気がします。もしかしたら中国で作られた経典かも知れませんね。

>
> 私の知るのはたかが知れていますので近くの寺院にてご住職にお伺いするようにと再三申しております。
>

 お寺に行くという因縁が私にあれば行くし、無ければ行かないと思います。

> 殺人の件に関しては、そのように取れる文面だったのでしょう。紛らわしいのはいけません。否定されるということでいいのですね。

 その紛らわしかった文を示してもらえませんでしょうか?。
 

(無題)

 投稿者:管理人  投稿日:2021年10月15日(金)21時46分36秒 101-141-146-178f1.wky1.eonet.ne.jp
返信・引用 編集済
  尋ね人さん。ここは、法論の場ではないということをご承知でしょうか。
「先判後判の中には後判につくべし」これは開目抄の御文でべしのあとに「ども」とついています。この御文は、何に対して言われているかというと権実相対ではないでしょうか。権教にに対して実教である法華経が信じがたいということに対しての文であるのでそれを法華経内の方便品、比喩品と嘱累品に持ってくるのが切り文で勝手な解釈となるのではないでしょうか。
折伏を表とする当の大聖人様の意に既に反していることがわかるでしょう。
また法華経にも摂受・折伏がありますから、それらは時機を鑑みなければなりません。
嘱累品や安楽行品のような摂受の御文もあれば、不軽品のような折伏の品もありますから嘱累品をとってこうだというのは偏波ではないでしょうか。

日蓮大聖人は法華経身読されて法華経の予証を体現されております。
私は、そこに信をおいています。
法華経を付属されたお方ということが言えますが尋ね人さんは、そのような法華経の大難には会われていないおでしょう。なにも信じるに足るものはありません。
怖いですよ。武道に精通した鎌倉武士から命を狙われるのですから、その辺の暴漢が刀を振り回すのとは訳が違います。また処刑の座にあったりと。それらを乗り越えて立正安国論の予言も的中しています。大乗経典が理論だけでなくの現実へ真実性も現れております。


私の知るのはたかが知れていますので近くの寺院にてご住職にお伺いするようにと再三申しております。

殺人の件に関しては、そのように取れる文面だったのでしょう。紛らわしいのはいけません。否定されるということでいいのですね。
 

管理人さんにお尋ねします。

 投稿者:尋ね人  投稿日:2021年10月15日(金)03時05分11秒 om126193168226.23.openmobile.ne.jp
返信・引用 編集済
  管理人さんへのお返事です。

> それは勝手な解釈ですよ。法華経の真意を殺すことになる謗法となってしまいます。
>
>
> 教、機根、時、国、序
>
> などを理解して分別しないと創価学会のように、変な解釈となります。
>
> 殺人もよしという外道見もそのへんから来るのでしょう。
>
> 慢は高きこと山の如し
> 都合のいいように解釈することでしょう。

 勝手な解釈は法華経の文を切り文にしている日蓮さんでは?。

 法華経の真意を教えてもらえますか?。

 不受余経一偈の文を前後を通して、余経の一偈をも受けてはいけない意味であることを説明してもらえますか?。

 後判より先判につくべきとの説明をしてもらえますか?。

 法華経に文字曼陀羅を本尊とすべきとの文はありますか?

 法華経に南無妙法蓮華経と唱えなさいとありますか?

 法華経に未来世に本仏が出現するとありますか?。

 なければこれらは日蓮さんが勝手に言っていることであり、日蓮正宗が勝手に言っていることになってしまいますよ。

 それと私が殺人をしても良いとしたという私の文を示してもらえますか?。
 私さ殺すも殺されるも因果の法則であると書きましたが、これが殺人をしても良いということになるのですか?。
 もしかして、殺されることによって殺しの罪報が償われるとしたからですか?。


 
 

勝手な解釈です

 投稿者:管理人  投稿日:2021年10月14日(木)22時15分46秒 101-141-146-178f1.wky1.eonet.ne.jp
返信・引用
  それは勝手な解釈ですよ。法華経の真意を殺すことになる謗法となってしまいます。


教、機根、時、国、序

などを理解して分別しないと創価学会のように、変な解釈となります。

殺人もよしという外道見もそのへんから来るのでしょう。

慢は高きこと山の如し
都合のいいように解釈することでしょう。
 

不受余経一偈の文

 投稿者:尋ね人  投稿日:2021年10月14日(木)20時55分21秒 softbank126147177052.bbtec.net
返信・引用
   この文は

 乃至不受 余経一偈 如是之人 乃可為説

とあり、不受余経一偈の人には法華経を説きなさいと言っている文であって、余経を受けてはいけないという文ではないのではないか?。

 これは後判である嘱累品の

 若有衆生。不信受者。当於如来。余深法中。示教利喜。

とも通じると思う。
 

先判後判の中には後判につくべし

 投稿者:尋ね人  投稿日:2021年10月14日(木)16時14分38秒 om126193165185.23.openmobile.ne.jp
返信・引用 編集済
   ・・・虚事と説かるゝ法華已前の権教に執著して、めずらしからぬ三界の故宅に帰るべきや。 されば法華経の一の巻方便品に云はく「正直に方便を捨てゝ但無上道を説く」文。 此の文の意は前四十二年の経々、汝が語るところの念仏・真言・禅・律を正直に捨てよとなり。 此の文明白なる上、重ねていましめて第二の巻譬喩品に云はく「但楽って大乗経典を受持し、乃至余経の一偈をも受けざれ」文。此の文の意は年紀かれこれ煩はし、所詮法華経より自余の経をば一偈をも受くべからずとなり。


 先判の方便品・譬喩品の文よりも後判の

 未来世。若有善男子。善女人。信如来智慧者。当為演説。此法華経。使得聞知。為令其人。得仏慧故。若有衆生。不信受者。当於如来。余深法中。示教利喜。汝等若能如是。則為已報。諸仏之恩。

との嘱累品の文を用いるのが道理だと思います。これは、日蓮さんも開目抄に「先判後判の中には後判につくべし」 と言っているので管理人さんも理解できると思います。

 
 

念仏破折

 投稿者:管理人  投稿日:2021年10月14日(木)11時15分41秒 101-141-146-178f1.wky1.eonet.ne.jp
返信・引用 編集済
  聖愚問答抄には下記のようにあります。

仏の虚事と説かるゝ法華已前の権教に執著して、めずらしからぬ三界の故宅に帰るべきや。
されば法華経の一の巻方便品に云はく「正直に方便を捨てゝ但無上道を説く」文。
此の文の意は前四十二年の経々、汝が語るところの念仏・真言・禅・律を正直に捨てよとなり。
此の文明白なる上、重ねていましめて第二の巻譬喩品に云はく「但楽って大乗経典を受持し、乃至余経の一偈をも受けざれ」文。此の文の意は年紀かれこれ煩はし、所詮法華経より自余の経をば一偈をも受くべからずとなり。
然るに八宗の異義蘭菊に、道俗形を異にすれども、一同に法華経をば崇むる由を云ふ。されば此等の文をばいかゞ弁へたる。
正直に捨てよと云ひて余経の一偈をも禁むるに、或は念仏、或は真言、或は禅、或は律、是余経にあらずや。今此の妙法蓮華経とは諸仏出世の本意、衆生成仏の直道なり。
されば釈尊は付嘱を宣べ、多宝は証明を遂げ、諸仏は舌相を梵天に付けて皆是真実と宣べ給へり。此の経は一字も諸仏の本懐、一点も多生の助けなり。一言一語も虚妄あるべからず。
此の経の禁めを用ひざる者は諸仏の舌をきり賢聖をあざむく人に非ずや。其の罪実に怖るべし。
されば二の巻に云はく「若し人信ぜずして此の経を毀謗せば、則ち一切世間の仏種を断ず」文。
此の文の意は、若し人此の経の一偈一句をも背かん人は、過去・現在・未来三世十方の仏を殺さん罪と定む。
経教の鏡をもて当世にあてみるに、法華経をそむかぬ人は実に以て有りがたし。事の心を案ずるに不信の人尚無間を免れず。況んや念仏の祖師法然上人は、法華経をもて念仏に対して抛てよと云云。
五千七千の経教に何れの処にか法華経を抛てよと云ふ文ありや。三昧発得の行者、生身の弥陀仏とあがむる善導和尚、五種の雑行を立てゝ、法華経をば千中無一とて、千人持つとも一人も仏になるべからずと立てたり。
経文には「若し法を聞くこと有らん者は一として成仏せずということ無し」と談じて、此の経を聞けば十界の依正皆仏道を成ずと見えたり。爰を以て五逆の調達は天王如来の記に予かり、非器五障の竜女も南方に頓覚成道を唱ふ。
況んや復の六即を立てゝ機を漏らす事なし。善導の言と法華経の文と実に以て天地雲泥せり、何れに付くべきや。就中其の道理を思ふに、諸仏衆経の怨敵、聖僧衆人の讐敵なり。経文の如くならば、争でか無間を免るべきや。
 

Re: そもそも 訪問を!←何故?

 投稿者:ムムム  投稿日:2021年10月13日(水)06時36分3秒 134.86.178.217.shared.user.transix.jp
返信・引用 編集済
  管理人さんへのお返事です。

> そうですね。そう簡単にはわからないと思いますよ。
> 近くの日蓮正宗のお寺を訪問してみましょう。

何故、訪問したほうがいいのですか?
 

何故、日蓮さんの曼荼羅が正しい本尊なのですか?

 投稿者:尋ね人  投稿日:2021年10月11日(月)15時11分54秒 om126193168139.23.openmobile.ne.jp
返信・引用
   管理人さん。

 法華経には文字曼荼羅を本尊とすべし。
 日蓮さんの書いた文字曼荼羅を本尊とすべし。

との文はないのに、何故に日蓮さんの文字曼荼羅が正しい本尊と言えるのですか?。

 
 

レンタル掲示板
/377