teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ファスティング(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:589/3604 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 続き

 投稿者:あけぼの  投稿日:2019年 9月13日(金)01時30分58秒 sp49-98-147-30.msd.spmode.ne.jp
  通報 返信・引用
  砲台さんへのお返事です。
どうもです。
確かに寝たきりの患者さんの体位変換やふだんの世話は、ナースや施設のスタッフがするのが基本です。
うちらは患者さんの症状の改善のために、医師の指示に基づいて患者さんの体をもんで、関節を動かしてあげること。
その中で体を横向きにしたり座らせたりしなきゃならない時もよくあります。
その場合はこちらで体位変換をしますね。
車いすへの移乗とかは介護スタッフの役目なので、我々はベッドの上が仕事領域。
とは言え、人相手ですからきっかり定規ではかったように線引きできないこともあります。
中にはこちらで車いすに移乗させる場合、車いすからベッドに移す場合もありました。
実は事故が一番起きやすいのがこの体位変換や移乗動作。
五体満足の介護職員でさえ、移乗中やベッドでの体位変換時に患者さんを床に落としてしまったとか、体につけてる管はずしてしまったなんて事故は少なくない。
自分のいた会社でも、移乗や体位変換はもっとも事故になりやすいリスクの高い動作だから、熟練してない、不安があるときはやらないようにと指導されてました。
自分は後輩や同僚と勉強や訓練を欠かさなかったし、日赤ボランティア時代の知識をフル活用した。
幸い、体位変換や移乗で事故を起こしたことは一度もなかったです。
そのかわり、膨大なエネルギーと集中力をいつも使い果たしてました。
見える人ですら危険を伴う作業を、目の見えない自分がやるわけですから。
そばでドライバーさんは手助けはしてくれますよ。しかしドライバーさんはそういう知識は教えられてるわけじゃないし、会社でもそんな講習はドライバーにはやりません。
だからこっちが細心の注意と持っているスキルをフル稼働させるしかない。
患者さんによっては、マッサージの手の当て方一つ間違えたら皮膚に内出血起こす人もいる。
それも可能な限り回避しつつマッサージしないとならない。
骨折のリスクの高い患者さんもいますから、骨折させないようにやらないとならない。
人工関節入ってる人もいますから、それも注意しないとならない。人工関節は動かしてはならない方向や角度があり、間違えると関節がはずれて手術になる。
帰宅したらもうへとへとでなんにもできないですよ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:589/3604 《前のページ | 次のページ》
/3604