teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ファスティング(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:19/3769 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 勝手な解釈

 投稿者:尋ね人  投稿日:2021年10月10日(日)15時11分3秒 softbank126147137191.bbtec.net
  通報 返信・引用
  管理人さんへのお返事です。

> 尋ね人さんへのお返事です。
>
> もし衆生あって信受せざらん者には、まさに如来の余の深法の中に於て示教利喜すべし
> >
> > との文です。法華不信の者には法華以外の私(釈尊)の教えをもって利喜すべしとあります。法華以外の教えに通教が含まれるのは当たり前だと思います。
> >
>
>
> 摂折や時を弁えない勝手な解釈となるでしょう。
> 容認ということは本意ではなく容認です。
> ひとつの文をとってこうだと解釈すれば
> 時機を弁えない法華経の本意を殺すことになります。
>

 「不受余経一偈」の文は法華迹門譬喩品の文です。法華経によれば未だ始成正覚の仏です。 この仏の説いた迹門について日蓮さんは

 しかりといえどもいまだ発迹顕本せざれば、まことの一念三千もあらわれず、二乗作仏も定まらず。水中の月を見るがごとし。根なし草の波の上に浮かべるににたり

と言っています。
 対して嘱累品の文は久遠実成の仏が説いた本門の文です。これについて日蓮さんは、

 本門にいたりて、始成正覚をやぶれば、四教の果をやぶる。四教の果をやぶれば、四教の因やぶれぬ。爾前迹門の十界の因果を打ちやぶって、本門の十界の因果をとき顕はす。比即ち本因本果の法門なり。九界も無始の仏界に具し、仏界も無始の九界に備はりて、真の十界互具・百界千如・一念三千なるべし

と言っています。ならば迹門譬喩品の文よりも本門嘱累品の文を取るべきだと思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:19/3769 《前のページ | 次のページ》
/3769