新着順:42/6232 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

行ってきました!NHKのど自慢生放送!

 投稿者:浪華の夢メール  投稿日:2018年 7月15日(日)20時50分42秒
  通報 返信・引用 編集済
  さてさて何からご報告しましょうか!  「のど自慢」は毎回応募ハガキを出しても中々当たりが無く諦めていたのですが幸いお仲間がヒット。お誘いを受けて行ってきました「柏原市民文化会館リビーエールホール。自宅から1時間弱の距離、正午過ぎ開演のところチケット交換に並ぶため現地9時到着、3時間前なので余裕と思ったらすでに300人以上の列、ビックリ!宇治の1539さん既に50番ぐらいの所に!20番目ぐらいには大阪のIさま御姉弟、さすがや! 宇治の1539さんくじ運強く中央最前列をゲット、お~感激。ここは普段カメラ移動を考慮して左右の席より1列下げたところに15席並びの両サイド2席ずつの臨時席、まるで特別席のよう。
ディレクター登場!番組進行の諸注意から拍手の段取り、参加者の応援家族や友人、横断幕の位置確認など済ませ最前列の女性陣のところへ、何かと思えば「質問しますので次のように答えてください」と俳優さんや歌手の名前を指定しての要望、指名された方照れ笑いしながらマイクテストに応じていました。番組途中での観客とのサプライズが狙い。演奏者の登場と紹介、1人が舞台上で派手に転倒、楽譜が宙に舞い上がり、これも演出の一つ。そしてのど自慢参加者が後方通路から二手に分かれて舞台上の席へ、前列者のみ感想を聞いていました。向かって左側の後で「能登半島」を歌いチャンピオンになった中2の女の子とミュジカル志望の「どこまでも」を歌った中3の女の子、この段階で存在感を感じました。選抜中に気が合ったのかお互いに緊張感をとぎほぐす様子が可愛い、この二人何かもっていそうな印象を受けました。
そして本番スタートです。我々も法被と団扇で応援体制完了!本日のゲスト新沼謙治さんと田川寿美さん登場! パチパチパチ! ワー、 綺麗やー、可愛い、美人やー、最高やー・・・もう解ったちゅうねん!
先の若手二人に加えて特別賞取った70歳「人生一路」の叔母さん感動! 「寿美」さんから表彰された時ハグに頬スリスリ、私もこんなチャンス巡ってこないかなーと一瞬思いました。71歳「哀愁港」、64歳銀行定年を迎える女性の「フォー・ユー」、他ハナミズキなどでは「寿美」さんもハミングしていました。みなさん人生を感じさせます。 チャンピオンになったヒマワリ柄の浴衣を着た中2の女の子、八重歯が可愛い。何か「寿美」さんの若い時とダブる。新沼謙治さん浴衣をもじって「ゆかったー」には爆笑でした。 最前列よう見えるわ~ 「寿美」さん舞台袖でメイクさんの直しや水で喉を潤している様子、本日の着物も良いですねー とっても爽やか白地にピンクの縦縞、帯も色十草に白い帯締め、「寿美」さんほど着物の似合う歌手は居ません。それに歌うときの動きもなんと表現したらいいのか兎に角美しい、TVでは見えない足元さばき、もう見惚れてしまいます。後ろの参加者メンバーも「さすがや」「すごいなー」「うまいなー」「やっぱりプロは違うなー」と口元が読めます。優しい表情が良いんですよね、彼女にニッコリされたらもうどんな大問題も吹っ飛びます。「春よ来い」外の暑さなど忘れてしまいそうなリズムに乗っての歌唱、やっぱりええな~とうっとり。45分の本番終了後20分のオマケ、ゲスト出演歌手それぞれ2曲トークを交えての歌唱、、これからは公開録画に参加した人のみが味わえるお楽しみ、「舞台も本番中は全面照明でしたがこれからは舞台暗転、スポット照明に切り替え本格的な舞台照明に、本番を終えているのでややリラックスした雰囲気です「寿美」さん「心化粧と女人高野」歌ってくれました。登場時会場の各所に居るフアンの皆さんに手を振ってくれましたよ。もちろん我々にも! こういう一瞬がたまらんのよ! あの笑顔!今晩夢に出てきそう!ハハハッ! 倖せ!トーク場面で会場の中に3枚の団扇に照明で「としみ」と飾ったフアン仲間のONOさんに司会者が気ずき「寿美」さんにつないで話題に、ONOさん良かったね!「寿美」さんの人気も気持ちいい、新沼謙治さんの素朴さ飾りなさにも好感度抜群、良いコンビでした。 この後新沼謙治さんにタッチです、歌の合間の楽しいトークが長く終わってからすぐに出待ちに駆け付けましたが残念「寿美」さんすでに帰路につかれた後でした。 この時間、外はもう灼熱の暑さ!仕方ないですね。長期の公演お疲れ様、早く帰ってお疲れを癒してください。 我々も近辺に居酒屋もないのでそれぞれ帰路につきました。
如何でしたか、今回はTVでは見えない部分も紹介しましたがこれでも随分箸折っていますので皆さんのお近くで「のど自慢」があった時は頑張ってハガキ応募して観覧してください。でも今回誘ってくれた人は1枚のハガキに当選、多い人は10枚、20枚と応募されるようです。結局は運ですね! 諦めない事です。しかし帰りの暑さ尋常ではありませんでした。参加されたフアン仲間の皆様、そして多くの「寿美」フアンの皆様、早くから会場整理をされていたNHK関係者や会場関係者の皆様、柏原文化会館60周年行事に参加していただいた新沼謙治さん田川寿美さんお疲れ様でした。楽しい思い出有難うございました。
 
》記事一覧表示

新着順:42/6232 《前のページ | 次のページ》
/6232