teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:57/652 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

暑いです

 投稿者:以志橋福助  投稿日:2016年 8月13日(土)17時01分9秒
  通報 返信・引用
   石橋探しには地獄の夏です。お久しぶりです。どこまで紹介したか分からなくなったので、再確認がてら。
まず、大洲の新谷です。以前に数基、お知らせしたはずですが、喜多山駅から北に矢落川を越え、突き当たりの県道まで進んで、少し西に行ったところの石橋を紹介しましたね。
 この県道を東にずっと進むと、やがて川沿いに北に向かって柳沢方面に向かいます。県道230号です。
ここから先がマピオンでは詳しくありません。これも以前に「鬼政之碑」があるところと紹介しました。
鬼政は旧肱川町に巨大な石橋を渡した人です。これからはグーグルマップの方が少しマシなので、こちらで。
大洲市役所新谷公民館喜多山分館とあるすぐ下の道沿いに、記念碑はあります。ストリートビューで見ると、
佐伯商店の右側。そこから北方向に消防倉庫。その先の橋を右折で渡って(ストリートビューは通ってません)数百メートル行くと、人家が。その最後の家の前あたりに小川に向かう小道があるんですが、ちとわかりにくい。実は水路にフタがしてある道で、田んぼのあぜ道状態。ここを行き着くと小川。そこから20mくらい川沿いに右に行くと、迫り持ち式の石橋があります。夏は草だらけです。
 佐伯商店に戻り、230号を再び北上。すぐに多山の集落に入る橋。それは渡らずそこから100mくらい北に樋があります。写真でも確認できます。道も幅があるのでここに駐車。樋に下りる所に石橋がありました。
 さらに230号を北上。数百メートルでまた右に橋。今度は渡ります。実はさっきの喜多山集落に北側から入る道なんです。渡るとすぐ左(川の方向)に行く小道。車は通れません。この道は神社に行く道です。少し行くと水路の上を通ります。のぞくと見事な石の暗渠でした。さらに進むと小さな橋。これが石橋です。石で支えてありました。境内には鬼政が建てた注連柱があります。
 次は松山、道後。以前紹介した、文教会館裏手の常信寺の境内に数基あります。ぜひ。次は道後の入り口になります。路面電車の道後温泉駅の少し手前。にえもんさんも探索された堀の反対側に増田歯科があります。ここから西への通りには水路があって、けっこう石橋がありました。
 最後は伊予市。向井原というJRと高速が交差する辺りに戻ってください。いよカントリークラブが見える辺り。JRの高架が国道56号を越えていますね。国道の北側の道に水路があって、石橋が数基あります。JR高架よりは西側です。高架東側にあった家には、どこかから持ってきた石の太鼓橋が玄関前にの庭にありました。とりとめのない情報ですが、機会があればぜひ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:57/652 《前のページ | 次のページ》
/652