teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 過去ログ(36)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: 家族の絆

 投稿者:まりあ  投稿日:2018年 7月 3日(火)23時23分35秒
返信・引用 編集済
  … 大丈夫です …
osyouさん、お言葉ありがとうございます。

新薬が子に合ったおかげで、がん細胞が限りなくゼロに近づいて、まもなく退院です。抗がん剤は続けますが、生活に慣れたら、徐々に仕事も始めていいそうです。私が福岡に帰る日も遠くないでしょう。

osyouさん、これから手術、お察しします。福岡で近所だった90歳超えの女性も股関節骨折で人工骨を入れました。今はリハビリ中で、また散歩したいそうです。

かく言う私は、看病のため、大都会を歩き過ぎて、初めて膝の痛みを経験しました。自分自身もいたわらないといけませんね。


 
 

家族の絆

 投稿者:osyou  投稿日:2018年 7月 2日(月)19時12分16秒
返信・引用 編集済
  まりあさん、大変だったですね。さぞかしびっくりなされたことでしよう。ご心配の日々、
胸中お察っしいたします。無礼な言い回しですが、誰しも明日は我が身の病気、生きる限り
病気はつきものです。それでも新薬で立ち向かう事が出来るのは不幸中の幸いではないでし
ょうか。

病気にかかったら最善を尽くして立ち向かうしかないです。家族が見守っていてくれる事は
何より心強いのではないでしょうか。大変、無責任な言い方かもしれませんが医療は日々進歩。
苦しんだC型肝炎もでしたが医療の日進月歩は凄いです。… 大丈夫です … お子さまの回復、
心から祈っております。

僕も交通事故障害の足の手術の入院相談で大学病院に行って来ます。一昔前は無理と言われ諦め
ていましたが、人工関節も今はそんなに難しい手術ではなくなったとあっさり言われ、びっくり
してしまいました。さっそく家族と相談し、50年も苦しんで悪化する障害を少しでも和らげた
い一心で数回に手分けの手術を決めました。

Catさん、いつもありがとうございます。暑い日々です。お互い身体に気を付け頑張りましょう。
よろしくお願いします。
 

Re;祈り

 投稿者:まりあ  投稿日:2018年 7月 1日(日)19時01分23秒
返信・引用
  catさん、ありがとうございます。
私自身がん既往だったので、子ががんと聞いても、その時は、やはりと思っただけでした。
告知が、胸にどんと来たのは告知の翌日でした。

医療の進歩に間に合って、子は、本当によかったです。
 

祈り

 投稿者:cat  投稿日:2018年 7月 1日(日)13時19分18秒
返信・引用
  > No.1777[元記事へ]

まりあさん、こんにちは。

この半年の間にとても、お辛い思いをされていたんですね。

お子さんも、それだけの薬をもらいにあちこちの病院を周っていたのですね。

お子さんと、まりあさんご夫婦のお気持ちを察します。

新薬が功を奏したとのこと、今後もいい方向に向かうことを願うばかりです。

まりあさんの祈りが届きますように。

今年の暑さで体調を崩しませんように、どうぞ気をつけてお過ごしください。



osyouさん、写真はお孫さんのベビーバスだったのですね。

まりあさんの投稿で分かりました。

相変わらず察しの悪い私をお許しください。
 

幸多かれ

 投稿者:まりあ  投稿日:2018年 7月 1日(日)10時47分15秒
返信・引用 編集済
  管理人のosyouさん、ご卒業とお孫さんのお誕生おめでとうござます。写真のベビーバス、うちの孫も同じものでした。

catさん、治療がんばっていらっしゃいますね。

私は都会暮らし。約2ヶ月前、遠方の子から、久々の電話がありました。
「入院した。親が来るようにって。出て来られる?」
胸騒ぎに、夫婦で病院に向かいました。着いた私たちと子を前に、医者は「がん、ステージ4。抗がん剤治療を始めます。無菌室から一歩も動かせる状態ではありません。どのくらい、こちらにいることができますか?」唐突でした。

子の病気は原因不明で、抗がん剤を一生続けなければならないそうです。

こんな状態になるまで、5~6年はかかったはずと医者。子のマンションには、内科、耳鼻科、歯科、眼科等の薬がおびただしい数ありました。子は言いました。「発熱、咳、歯ぐきの出血、寝汗。街医者にいくつかかっても、見抜けなかった。きちんと健診を受けていたら、根本的異常が早く発見できていたと思う。」
新薬のおかげで、どうにか最初の危機は脱しました。

この先、幸多かれと祈ります。



 

Re: 14年目の検査

 投稿者:cat  投稿日:2018年 6月20日(水)20時42分56秒
返信・引用 編集済
  > No.1775[元記事へ]

osyouさんへのお返事です。


osyouさん、ご卒業おめでとうございます!
厚みがあり、しっかりとした卒業証書が燦然と今、osyouさんの手元に~
(上の写真は何でしょう?)


楽しみながらも「まなび直し」大変だったでしょうね。
卒業の手応えと喜びがひときわだったのではないかと、想像しています。
そして今は放送大学に!?
楽しみを得ることに終わりはありませんね。凄いです。

自分もウイルスが消えた後、怠惰な生活を送っている今、心を入れなおさねばと、
感化されます。


今休学している放送大学も、勉強することは力になることは分かっていても、
それでもどうしても、osyouさんも仰るとおり、検査にお金は非常で、
せっかく勉強するならお金になることを勉強したい、と思いはすれど、
そういう資格はみなそれなりの時間と初期費用がかかり、道に迷ってしまい、
でもosyouさんの純粋な学びなおしの努力やさらに放送大学へ、とのお話をお聞きして、
何か大きな事をしなくても、暮らしていけるなら純粋にまなび直しの楽しさを
すれば良いではないか。
と心に晴れ間を感じました。ありがとうございました。


 

14年目の検査

 投稿者:osyou  投稿日:2018年 6月20日(水)19時06分38秒
返信・引用 編集済
  ご訪問下さる皆様方、Catさん、まりあさん、大変ご無沙汰いたしております。

Catさん、経過検査、拝見いたしました。すべてCatさんのおっしゃる通りです。
以前ですが、僕の知人にもアドバイスながら街医者で手遅れ状態になった方々
を何人も見てきています。残念ながら今でも暮らす場所による医療地域格差
の現状を見てしまいます。

しかしながら病院や医師選びは自己責任。今も昔も健康維持には結構お金がかさ
むのが現状ですね。

僕の経過ですが、今年の検査、肝がん、胃カメラ、大腸カメラ、異常なしでした。
C型肝炎完治から、もう14年目です。お陰さまで古稀祝いも迎えられました。

今春、学び直し区切り、無事卒業出来ました。引き続き放送大学で学び直しています。

まりあさん、お変わりありませんでしょうか。今月、孫と対面でした。横でスヤスヤ
眠てっいる寝顔を老夫婦でまじまじと見入っています。孫は可愛いいですね。

最近はC型肝炎の深刻情報ほとんど聞かなくなりました。日進月歩の新薬はすごいです。
お陰さまで僕の病気症状も今のところ新薬でストップしています。実に有り難い事で
すが現実の検査等にも結構お金がかさみます。

沐浴用バス・卒業証書
 

お久しぶりです。

 投稿者:cat  投稿日:2018年 6月19日(火)02時00分44秒
返信・引用
  osyouさん、まりあさん、掲示板の皆さま、ご無沙汰しております。

osyouさん、この掲示板を維持していてくださることに、いつも感謝しております。
ありがとうございます。

まいあさん、投稿に続けず申し訳ありませんでした。

今日は朝に、大阪で震度6弱というとても大きな地震がありました。そして深夜に京都で震度4.
前日に群馬県で震度5強の地震があったばかりでした。

皆さん大丈夫でしょうか?

ここ最近は、「治ったー」の投稿はないですが、それだけ静かに着実に効く薬で、
治療が進んでいるのだと、新しい時代になったのだと感じます。

お店に来る、私とほとんど同じ程度の肝硬変の方も、最新の内服薬で、
あっという間にウイルスが消えました。
この方も、内服薬にいたるまでは、何度もインターフェロンをやるか大きな病院での検査を薦めましたが、
街医者の院長が「酒さえ飲まなきゃ後何十年も生きられるよって言うから、オレは大丈夫だ~」と言っておりました。
そして、内服薬をやろうと大きな病院で検査をした所、10cmの癌が見つかり、
その治療が終わって内服薬を始められるようになるまで、1年ほどかかっておりました。

ですので、まだ街医者で済まされている方がおりましたら、ぜひ大きな病院で検査をされてください。
いろんな状況で、大きな病院に行っている暇ないよ、という方もいると思いますが今も昔も一緒です。

インターフェロンによって私は生きながらえました。残念ながらインターフェロンでウイルスは消えませんでしたが、
討つことで数値を下げ、内服薬まで持たせることが出来ましたし、
肝臓癌にいつなってもおかしくない画像診断結果であっても、抗がん剤の一種であるインターフェロンを打つことで予防になりました。
約20年位前に初めて討つとき、これをやっておけば将来肝ガンになる可能性が少ないから、と言われたのを思い出します。


治療を終えて、今現在も肝臓に気をつけている方もいるでしょうし、皆さんも、定期的に検査に通われていることと思います。
私もまた、肝硬変のchild A~B の間くらい(イメージで言うと3~4割くらい)なので、
3ヶ月毎に一回の画像検査は、仕事をしながらは体力的にも、休みが潰れることも、MRIは特に高額な金銭面でのことも、きつくて仕方がありません。

これは極端な例で通常は半年か一年に一回のCTかエコーです。

ですので、私はウイルスは飲み薬で消えても、HCVの残した爪あとで今でもC型肝炎との付き合いは、まだ終わった気はしません。

作文のようになってしまいましたが、これからも肝臓ケア、面倒ですが一緒に頑張りましょう!


その肝臓ケアについての、虎の門病院の公開講座があり、東京で申し訳ないのですがパンフレットのURLをリンクで貼っておきます。
浅草で無料・申し込み不要のようです。 近隣でご興味のある方は、パンフレットご覧になってください。
私は大変なので行きません、、、

虎の門病院 肝炎市民公開講座
http://www.toranomon.gr.jp/ssl/kanzo/upload/files/holding/39/20180522_842927.pdf

http://www.toranomon.gr.jp/kanzo/patient/holding/meeting/



 

いつかのメリー・クリスマス

 投稿者:まりあ  投稿日:2017年12月29日(金)23時49分39秒
返信・引用 編集済
  治療中のみなさん、今晩は。10年古参のひとりです。

osyouさん、この掲示板で、確かな情報をありがとうございます。それとosyouさんご自身の体験談を読み、副作用のつらさは自分ひとりではないんだと知りました。

やすさん、私は時々、以前治療した人たち、今はどうしていらっしゃるかと思うことがあって、HNを見てうれしかったです。2008年頃、72週も治療しているやすさんの淡々とした報告が、治療開始したばかりの私には一筋の光でした。

腎炎やがんは再発なし。36年慢性だったC肝は50代で完治。現役時代に重大な病気を経験したものの、現在は年齢相応に健康がありがたいです。

昨年までは、仕事を辞めたら、旅行も行けると考えていました。
ところが、今年3月退職後に、姑の耳が急に悪くなりました。ほぼ毎日午前中、通院に付き添います。補聴器も効なしの彼女ですが、幸いに、散歩を欠かさなくて、元気な90代です。
姑の協力があって私は、定年過ぎても数年働けました。今は恩返しの時と考えます。
連れ合いは昨年、病気で車の運転をやめました。

身内の世話をするにも、自分が健康でなくてはできません。
何としても私は健康を維持したいです。そしていつか旅行もしたい。

先日は、自分へのご褒美に一日だけ、ささやかな贅沢。
新幹線でライブコンサートに行き、心にしみ入る「いつかのメリ-・クリスマス」を堪能しました。


 

Re: お久しぶりです

 投稿者:osyou  投稿日:2017年12月28日(木)15時56分31秒
返信・引用
  > No.1770[元記事へ]

やすさんへのお返事です。

やすさん、お名前を見て懐かしさで一杯です。
僕も、どうしているのかなといつも思い出していました。

共に壮絶なインターフェロン副作用を苦しんだ体験者、
まさに戦友の心境でした。ありがとうございました。

僕もC型肝炎克服後から、お陰さまで順調といいますか、
高齢者特有の高血圧、加齢黄斑変性症、心房細動、肺線維症、
背骨の手術など患いながらも元気で暮らしています。

特に間質性肺炎はインターフェロン、レベトールの副作用が
原因かとも考えられるそうです。

相変わらず趣味も楽しんでいますが、今は生涯学習の一環と
してボケ予予防を兼ね高校からの学び直しも来春卒業に漕ぎ
つきました。また放送大学で生涯学習予定です。

世の中にはいろんな立場、いろんな境遇で頑張っている人達が
いるものと改めて目からウロコが落ちる実感をしています。

僕も若いころ、交通事故で身体障害者となり、障害者訓練校で
生きる術を必死に探しました。あれから50年、いま思えば
貴重だったと感じながら暮らしています。

ある出来事で、世の中を知らない、高校、管理職教師たちの
非常識と低モラルや無能さに呆れてしまいした。

最近、問題教師の事件ニュースを多く見るにつけ。一部の公僕
教師とはいえ、生徒目線から見ても社会的にも困ったものです。
人の真価は見た目や外見より中身。
世の中が少しでもよくなりますようにと祈るばかりです。

やすさん、お互い頑張りましょう。
来年もよろしくお願いします。また近況お待ちしております。
 

お久しぶりです

 投稿者:やす  投稿日:2017年12月27日(水)19時49分41秒
返信・引用
  皆様 お元気でしょうか? このサイトでは 古参のものです。
完治から10年が経ちました。
あのころの辛さを忘れてる自分が怖いです。
最近は 太り気味、血圧高めです。
昔、大変な治療をしてましたが 最近は 飲み薬で楽になったとも聞きますが そうは簡単ではないのでしょうね?
osyouさん まりあさんくらいしか 知り合いはいませんが 現況報告でも宜しくです。

やす

 

チップ様へ Re: ダメでした

 投稿者:マサ  投稿日:2017年10月 7日(土)06時24分18秒
返信・引用
  情報有難うございます!

また今回も最後で、ダメでしたので昨日は凹みましたが、切り替えて頑張っていきます!

新薬に期待しましょう!

有難うございました!


 

Re: ダメでした

 投稿者:ちっぷ  投稿日:2017年10月 7日(土)01時46分53秒
返信・引用
  > No.1767[元記事へ]

私も消えてくれませんでした。が! 主治医の話では年内(年末)くらいに
新しい治療薬の話ができるかも?って言われましたので、期待しましょう(^^♪
 

ダメでした

 投稿者:マサ  投稿日:2017年10月 6日(金)17時21分41秒
返信・引用
  初めて投稿します!

ハーボニー3ヶ月行いましたが、C型肝炎ウィルスは消えませんでした。

この先、ハーボニーを超える新薬が早く出てほしいですが、情報お持ちの方、
おりましたら教えて下さい!!


 

C型肝炎は必ず治ります

 投稿者:玄界灘  投稿日:2017年 9月14日(木)16時47分46秒
返信・引用
  久しぶりに投稿します。
過去にインターフェロン治療を2度試みて見事失敗。
2014~2015年にかけてインターフェロンフリーの治療をしました。。
昨日、定期の検査をしたところ肝機能は正常で、肝心のウイルスの有無は3月の血液検査分で「検出せず」でした。
エコーも正常でした。
担当医ももう再発はないだろうとウレシイ言葉でした。
それでも肝臓がん予防・対策のため年に2回は検査することにしています。
 

QOLの向上

 投稿者:まりあ  投稿日:2017年 9月 2日(土)23時57分30秒
返信・引用
  お隣のcatさん、osyouさん、皆さん 今晩は。

もう、20年近く経ちますが、私はがんと言われて、主治医に真っ先にたずねました。「手術はいくらぐらいかかりますか」と。「高額医療費制度もあるから、そう心配しなくてもいいよ」と聞いて、少し安心しました。
ところが、病院のベッドが空くのを待つ間に、どんどん悪い方向に意識が向きました。治療するだけの価値が、自分にあるのか、もし治らないのだったら、いっそのこと・・など。

国の賠償金ももらえない、原因不明の肝炎患者も多いです。せめて安心して治療できるよう、医療費制度を充実し、患者はもとより、医療機関にも周知徹底が急がれます。

幸い、私はがんの再発もなく来ました。 慢性C肝からも解放され、当時は高額の治療費でしたが、がんばった甲斐があったと実感しています。
 

Re: <肝がん>治療費軽減へ ウイルス性の患者、月1万円負担に

 投稿者:cat  投稿日:2017年 9月 1日(金)17時53分48秒
返信・引用
  osyouさん、まりあさん、皆さん、こんにちは。


まりあさん、貴重な情報をありがとうございます。

ガンという言葉が多く聞かれるようになった診察室や職場やメディアで、保険も入れないため、

今後の生活費と治療費の確保に、不安を抱いている中での情報なのでとても希望を感じました。

この精度を社会保険料のアップなどにつなげずに、政府が今後ずっと継続して肝炎治療中の方も治った方も

ガンの治療費に対する心配が軽減されるよう、行っていってもらいたいと思います。

まりあさん、くどいようですが、貴重な情報をありがとうございました。


各地での大雨で、掲示板をご覧になっている方々の中で被害に会われた方が居ないことを祈っています。
 

<肝がん>治療費軽減へ ウイルス性の患者、月1万円負担に

 投稿者:まりあ  投稿日:2017年 8月31日(木)22時37分32秒
返信・引用
  毎日新聞8月28日の記事引用です。

osyouさん、catさん、皆さん、お久しぶりです。
家族とはうれしいことも、心配もいろいろです。

治療中の皆さんにとって、C肝が過去の病気になることを心から期待します。

https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20170829k0000m040038000c.html

 

Re: めざましいC型肝炎治療

 投稿者:cat  投稿日:2017年 7月20日(木)01時44分45秒
返信・引用
  ゆずちさんへ
内服終了と同時に、副作用も消えて良かったですね。
完治宣言まで、あと4ヶ月。 ハラハラドキドキが続くと思いますが、
通院頑張ってください!

現在内服中の方も、経過観察中の方も、また今後開始予定の方も、
ハーボニーの威力は絶大と聞きますので、ウイルスをやっつけれるよう応援しています。



まりあさんへ、
遅くなりましたが、二人目のお孫さん誕生おめでとうございます!
僕は家庭運には縁は遠いですが、この年になり、家族円満がどれだけ暖かく素晴らしいか、
実感し始めたこの頃です。



osyouさんへ
励ましのお声かけ、ありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします!
osyouさんのお若い頃からのご苦労と、新しく生まれてくる困難にも、
僕も供に前を向いて一歩一歩頑張っていきたいと思います。

私も、まりあさんと同じく、この掲示板を立ち上げ、荒れないように運営管理して頂いている
osyouさんに感謝しています。

潮時と読んだ時、一抹の寂しさを感じ、なんと投稿しようか迷いましたが、
その後osyouさんが、潮目、に言葉を変えてくださり、osyouさんの暖かさに救われました。
海釣りで言えば、潮目が変わり魚の活性が上がったり、
釣り場の流れが良い方向へ転換を向えるものですものね!



「C型肝炎はいずれなくなるんじゃないかって、みんなで話してるんですよ!」と、
今日も行った虎の門病院の採血室の技師の方たちの多くがそう言います。院内では他の場所でも
その言葉を聴きます。
まさに潮目の変わりはきていると思います。
治療中の皆さん、治療を迷っている皆さん、頑張ってください!

 

めざましいC型肝炎治療

 投稿者:osyou  投稿日:2017年 7月18日(火)21時43分38秒
返信・引用
  ゆずちさんへ、
医師からの「べらぼうに良いですね!」の一言はなによりの贈りもの。治療した甲斐がありましたですね。おめでとうございます。後は時間待ちですね。経過順調よかったです。

まりあさんへ、
まりあさんのお言葉に感謝です。逆にありがとうございますう。
当時はまだWeb上で検索しても完治情報が少なく、C型肝炎治療情報交流掲示板から卒業できる方を願っていました。いろんな事情で治療を断念した方、無事完治した方、いろんな方の投稿を感慨深く拝見したものでした。

僕の周りもC型肝炎が原因の肝臓病でなくなった方々が何人もいました。僕が治療した病院の肝臓専門医もC型肝炎治療は時代は変わったといいます。以前のIFN+リバビリンの治療は悲痛でしたが、今ではC型肝炎は副作用もきわめて少なく飲み薬で治る夢の時代。

Catさんへ
大変なご苦労をなされた経験をお持ちのCatさん、これからも応援よろしくお願いします。供に前を向き少しずつ頑張りましょう。みなさん歯を食いしばって共にC型肝炎を乗り越えたの戦友だもの!
 

今晩は

 投稿者:まりあ  投稿日:2017年 7月16日(日)22時22分4秒
返信・引用
  ゆずさちさん、肝機能の数値が良くて、よかったです。経過どうなってるかなぁと思っていました。

私の治療は、医者と私の二人三脚で、やっと頑張れました。
2008年頃は5割が著効と言われ、歯を食いしばっての治療でした。それでも72週ペグリバで完治できて、幸運でした。同じ頃にインターフェロンをしていた隣人は亡くなりました。

私は、C肝治療当時と同じ病院に検査にいきますが、その頃の私を知らない、現在の担当医は、C肝患者の苦労を分っていないと感じます。

治療で辛い時、こちらの皆さんには、精神的に支えていただきました。

osyouさんは、よい潮時とおっしゃるけれど、
この掲示板を管理していただいていることに
私はとても感謝しています。
 

治療後の経過

 投稿者:ゆずさち  投稿日:2017年 7月14日(金)21時19分54秒
返信・引用
  osyouさん、皆さんこんばんは。今日治療2ヶ月後の採血に行ってきました。結果はAST16、ALT14と「べらぼうに良いですね!」と主治医に言われました(笑)

あれほど辛かった副作用(私の場合は頭痛、めまいふらつき、何とも言えない全身のだるさなど‥)も薬が終わってからは、嘘のように消えました。
治療前はあんなに不安で不安しかなくて、治療中もなんでこんな思いをしなきゃいけないんだろう‥と思っていましたが、長かったようで短かった3ヶ月でした。

まだまだ安心は出来ませんが、完治の太鼓判をもらえる日を楽しみにしてます!
職場や友人など回りに話しても分かってもらえない事を、ここの掲示板に書かせてもらい皆さんにアドバイスや返答を頂いて本当に良かったです!
 

Re: C肝は治る時代

 投稿者:osyou  投稿日:2017年 7月 6日(木)10時17分56秒
返信・引用 編集済
  No.1753[元記事へ]

まりあさん、Catさんへのお返事です。

Catさん、いつもありがとうございます。僕の方こそCatさんから力をもらい感謝です。
心境、お察しいたします。僕の体験上、健康が何によりの財産、身体を壊さないよう無理しな
いペースでお互いがんばって頑張っていきましょう。

まりあさん、いつもお世話になりありがとうございます。4世代生活羨ましいかぎりです。僕は
お陰さまで今のところはですが、肺機能数値難病指定外。2~3か月に一遍の通院となりホット
しています。気にかけていただきありがとうございます。この先の数値どうなるやらです …?

早いもので学び直しの3年目も何もなく順調にいけば来年2月の終業予定です。次を目指し、
マイペースでゆっくりいこうと思っております。

夢だったC型肝炎は治る時代、BBS内容の様変わりは嬉しい限りです。念願の潮目を感じる
昨今です。
 

C肝は治る時代

 投稿者:まりあ  投稿日:2017年 6月26日(月)23時21分13秒
返信・引用
  osyouさん、肺機能の安定を聞いてほっとしました。ここの掲示板の題が変わりましたですね。
catさんも勉強しておられたのですね。私も、70歳までは語学検定1級に挑戦します。

私のインターフェロン治療は72週間でした。長く、つらい治療でした。こちらの掲示板に随分助けられて、乗り切れたこと、感謝しています。それでも、完治した私はラッキーでした。こちらで近頃、完治報告が散見され、喜ばしい限りです。

私事ですが、2人目の孫が生まれました。数ヶ月間にぎやかな4世代生活を経て、今朝、娘一家は遠方へ帰って行きました。祖母の私は元気で産介抱できて幸せです。

治療中の皆さん、健康を取り戻しましょう。
 

Re: 完治後、定期検査13年目

 投稿者:cat  投稿日:2017年 6月23日(金)02時19分50秒
返信・引用
  osyouさんへのお返事です。

完治後13年目の定期検査の数値のとても安定した数値と「検出せず」、
ならびに胃と大腸のカメラともオールクリア!
おめでとうございます。

まなび直し、きっと張り合いがあるのでしょうね。
勉強や定期検査、新しい病気の治療に、一歩一歩着実に進んでいらっしゃるosyouさんの
生き方に励まされます。

私の放送大学は、はぁ~と疲れて休学中です。
休学期限も来年までなので、osyouさんをみならって気合を入れなおさねば!



薬の日進月歩、本当に同感です。
インターフェロンを無我夢中でやっていた頃は、まさか生きているうちに
今のような薬を飲めるようになるとは思ってもいませんでした。
それまでは「先は長くない。逆に難しいことを考えなくてもいい。」という人生観でした。
今では戴いた人生の時間に、嬉しいながらも、未だに、予定外だった今後の時間の生き方と収入源確保にオロオロしています。



薬と同様に、最近は他の病気の解明、治療現場での実践も進んでおり、
私のもう一つの精神障害者手帳の原因となっている病気の仕組みも解明され始め、
今まで限界であった治療も進み、徐々に改善しつつあり、
苦しい日々が少し楽になってきて一人喜んでいます。



肝臓のガン検査のMRIも今回はお咎め無しでした。次は10月頃です。
でも来月は間髪いれず3ヶ月に一回のエコーでのガン検査~・・・

治療中の皆様、誤解なさらないで下さいね。
私はたまたま肝硬変なので、頻繁に画像検査をしますが、
通常はosyouさんが書かれているように、一年に一回くらいです。


 

完治後、定期検査13年目

 投稿者:osyou  投稿日:2017年 6月21日(水)21時04分38秒
返信・引用
  皆様、ご無沙汰しております。お世話になっている皆様方、おかわりないでしょうか。
ヨッシーさん、くぅさん、その後の経過いかがでしょうか。治療中のみな様方、今後の
よき人生の為、完治めざし少しの辛抱、頑張ってください。

今年の13年目の完治後の定期検査、お陰さまで異常なしでした。
詳細項目、省略
GOT  22
GPT  21
r - GTP  27
T - BIL  0.4
D - BIL  0.1
HCVRNA定量TagMan法 - 検出せずでした。
今年は胃と大腸の内視鏡検査も異常なしでした。お陰さまで肺機能も安定です。

いまのところ学び直しのボケ防止に励んでおります。高齢者の明日の身のはどう
なのかわかりませんが、また元気で経過報告したいものです。

BBS設置から、もう十数年。当初はみんな藁にもすがりたくなるほどつらく苦しい
副作用との悪戦苦闘投稿が多かったです。最近は完治情報が多く見受けられ、夢だった
新薬は喜ばしい限りです。医療の日進月歩を実感です。

C型肝炎は完治後も肝がんリスクが一般の方より高いとの事で、年一回の検診をしたほうが
よいとの肝臓専門医からのアドバイスありです。
 

治療開始まで後少しです

 投稿者:くぅ  投稿日:2017年 6月 6日(火)08時48分24秒
返信・引用
  おはようございます。
27日から投薬が始まります。
皆さんの記事色々読ませて頂いてます。

ソバルディとレベトールでの治療になりますがあらためて思うのにやはり副作用等が気になります。
先生や、知り合いの薬剤師さんなどは副作用はあまり聞かないよとおっしゃいますが実際どうなのでしょうか。。
 

ハーボニの副作用について

 投稿者:ヨッシー  投稿日:2017年 5月12日(金)21時28分1秒
返信・引用
  はじめて投稿します、治療開始から二ヵ月ほどになります。
治療前から色々と情報を集めていました、確かにインターフェロン治療で
完治出来なかった方(友人・知人)も三か月の服用で【見事完治】出来た人は
たくさん増えてきましたが、治療中の副作用については、やはり個人差があるみたいで・・・
当方は、いつ起こるか分からない頭痛・高血圧・痒疹(おしり)服用後に発生する
膨腹感・イライラ感など治療を始める前には無かった症状がかなり発生しています。
三か月の服用が終わり前記の症状が改善されるか、心配するこの頃です
現在治療中、もしくは治療後の方で副作用に関して些細な事でも結構ですので
感想など頂ければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
 

Re: 服薬量

 投稿者:ゆずさち  投稿日:2017年 5月10日(水)02時33分11秒
返信・引用
  まりあさんお久しぶりです。
明日さっそく病院に電話します!(T-T)


実は、最初の一ヶ月目にソバルディが1日分飲み忘れていたことがあったのです…。そのときは翌日が診察日だったので担当医に1日分ずらして進めて行きましょうとなったのですが、今回はGW前からだいぶ飲み忘れていたようです。
情けない…何やってんだか…。3ヶ月目前で気付くなんて…。本当情けないです(泣)

最初の一ヶ月目でウイルス検出せずになっていたのですが、飲み忘れでウイルスがまた再発とかはないでしょうか?
はぁ~情けない…。
 

服薬量

 投稿者:まりあ  投稿日:2017年 5月10日(水)01時58分42秒
返信・引用
  ゆずさちさん、明日病院に電話ででもいいと思います。聞いてみてください。

私は、がんの治療薬を飲み忘れたことがあります。その間の薬を数え、遅れを取り戻そうと、間隔を縮めて、倍の量を飲もうなどと考えて看護師聞いたから、よかったです。

薬は、まとめて飲んだらいけない。忘れた回数は、忘れたままに、考えないで。今から、規定の量を守って、また飲み始めること。

そう言われました。
 

やってしまいました!(-_-;)

 投稿者:ゆずさち  投稿日:2017年 5月10日(水)00時57分23秒
返信・引用
  皆様こんばんわです。
やってしまいました…。今月で終わるはずなのにやってしまいました!
GWに出掛けたのですが、薬を持って行くのを忘れました!( ̄▽ ̄;)
4日の朝は飲んだのにその日の夜から7日の夜まで飲み忘れ…。
12日で終わるはずのソバルディが4錠残り、レベトールにおいてはなぜか2シートと4錠残ってる…?
あれ???

どっから飲み間違えたのか、覚えてないです。



どうしよう…。かといって勝手に12日で終わるように飲み過ぎても、もちろんダメですよね!?
今、パニックです。

どうしよう…(-_-;)
 

Re: ありがとうございます

 投稿者:くぅ  投稿日:2017年 5月 7日(日)18時04分8秒
返信・引用
  catさんへのお返事です。

catさん、いつも励ましのお言葉ありがとうございます。
読んでて泣けて来ました。。
でも私なんかよりよほど、大変な思いをされ1人で乗り越えてこられたcatさんは本当に素晴らしいです。

それがあったらこそ、ここで皆さんへのあたたかいお言葉をかけられることができるのだなぁって感じました。
本当につらい思いされたのですね。

私はシングルマザーです。言葉足らずでした笑
でも子供も大きいし、両親も健在で同居してるのでまだ助かっていますが平日に親に全てを任せて仕事してますので休みにまでと言うのが気も引けます。
男ばかりの職場なので女の大変さはあまりわかってもらえないのかもわかりません。
ましてや、みんな色々病気されても何年も働いてる人もいますから私のような病気で今は薬で治るというのに、、、と、たぶん甘えに取られそうな気もしています。

再来週が検査結果ですが、それから又どうゆうふうにすすめられていくのかもわからないし身体もどのような具合かもわかりませんし、ただ不安です。

ウィルス値は少なくはないというところなのでしょうか。。お答えくださりありがとうございます。
おっしゃるようにHVC RNAリアルタイム定量...と書いてありました。

至って普通に生活して来ただけに、これまで放置していた20年が怖いものだなと感じます。

これからも色々教えてくださいね。
ありがとうございます。
 

Re: ありがとうございます

 投稿者:cat  投稿日:2017年 5月 7日(日)02時45分50秒
返信・引用
  くぅさんへのお返事です。

くぅさん、ご返信ありがとうございます。
少しずつでも病院に足を運び始めているとのこと、とても安心しました。

お話から想像するにいたっては、とてもお忙しく厳しい職場なんですね。
そして、周りの理解もとても暖かいとは言えない仕事優先意識の職場間環境のようで、
治療への困難さが伝わってきました。

でも、今少しずつでも上司に、仕事よりも自身を守ること優先する意志を伝え始めて、
冷たい言葉が返ってきてつらいですが、その意志さえあれば、
きっと一つ一つ解決していきますよ。私はそう信じています。

でもその間は実生活では、ここの皆さんがそうであった、また今治療中の方もおそらくそうかもしれませんが、孤独だと思います。

私事ですが、約20年弱前、この病気と分かってすぐに、家族からは真面目に
「実家に来るな!」的なことを言われました(笑)
その後家族に電話しても不通で、返信がかかってくることはありませんでした。

配偶者もいませんので、これまでの間、診察室に自分以外の誰かと一緒に入ったことはありません。常に一人で会社と交渉し、大学病院と地元の病院の連携を手配したり、これは個人的な場合ですが大学病院の本院と提携病院を行ったりきたりして肝移植の申請をしたり、保健所への申請など、常に一人で判断して自分でやるしかありません。

くぅさんはシングルとのことですが、シングルマザーなのでしょうか?
立ち入って申し訳ありません。
失礼だったらスルーして下さい。
ただ、マザーだとしたら、日曜日に仕事を振り替えて・・・と言う上司の言葉がどんなに悲しいものかと感じたものですから、マザーでないとしても、やはりこれからの治療は孤独だと思います。

どうぞ、そんなときは管理人の osyouさんが維持してくださっている、この掲示板で愚痴ってください。

私も肝移植の時かその後からか、散々こちらで気持ちを吐き出させていただいて、
経験者の皆さんから暖かい言葉で支えて頂きましたので、その点は孤独ではありませんでした。

長くなりましたが、ウイルス量の項目に、HCV-RNA定量とかかれていますか?
とすると、 5.1は、多いという意見もあるし、そうでもないと言う意見もあります。
ただ、私ははっきり覚えていないのですが、もっと多かったです。
計測が「針が振り切れて計測できないくらい多い。」と専門医の主治医に言われていました。

それでも、第一世代の内服薬(ダグルインザ・スンベプラ)で「検出せず」になりましたので、
今のソバルティの100%とも言われる、薬の力なら、安心して後は病院に足を運ぶための、
苦労だけに全力投球するのみです!

上司との交渉、仕事の兼ね合い、頑張ってください。応援しています!

 

ありがとうございます

 投稿者:くぅ  投稿日:2017年 5月 6日(土)15時18分13秒
返信・引用
  catさんへのお返事です。

> catさんはじめまして。
>
> とても嬉しく、そして心強く読ませていただきました。
再検査、なかなか仕事でいけなかったのですが2日の日に行きました。
今後の治療のために、採血と超音波エコーをして、結果はまだ再来週です。
これからまだ病院に行く事や、申請などの為に仕事の都合をつけたりしながら、会社に迷惑を掛けながらと思うと心が重いです。

これまで、健康診断等はここ10年は受けてきました。
しかし、ほとんど(たまには正常値)40から50位ですが
肝機能異常を指摘されてきました。

それでも、気にしていなかったのがこの数ヶ月体調崩す事が多くなりかかりつけの病院での血液検査の結果で指摘され、治療を始めようとするきっかけとなりました。

散々、仕事を休み有休もなくなりC型肝炎の治療もするかも、と上司に少し話したら、休んだぶんは日曜出勤で振り替えて働けば良いとか、安易に「もう薬飲んでる?」とか、、、

薬を飲み始めるまでの大変な流れや、決して遊びで休むワケでもないのに休日出勤の提案、、、
私はシングルなの日曜までは働くのはって思ったり。

あ、ごめんなさい、ただの会社の愚痴になりました。
言いたいのは、皆さんが大変な思いで治療を始めたり終えたりしてるのに軽々しくしかわかってもらえない事に腹立たしかったり。

私は少しでも早く、治療に取り掛かりたいし病院にも行きたいです。
仕事は非常にハードな仕事で長い時で1日12時間は働くこともざらです。帰ってからも又1時間は仕事で取られます。
治療との両立は私の中では無理だなと思ってしまってます。
とにかく、今は検査結果も気になり不安ですがcatさんの言葉が嬉しかったです。
長文になり申し訳ありませんでした。

一つ、おわかりになれば教えて頂きたいのですが5.1と言うウィルス値は数値的にはどうなのでしょうか?

色々調べてもわからないことがまだまだ多いです。

これからもよろしくお願い致します。
 

長文です。読み飛ばしてください。

 投稿者:cat  投稿日:2017年 5月 4日(木)17時28分56秒
返信・引用 編集済
  治療中の皆さん、治療を迷っている皆さん、治療を終えた皆さん、GW以下がお過ごしでしょうか?

toccoさん、 くぅさん、はじめまして。

けえさん、慎也さん  内服期間お疲れ様でした。そして「検出せず」おめでとうございます!

慎也さん、主治医がお酒を飲んでもいいとおっしゃってるということは、肝臓の繊維化もさほど
進んでいないうちにウイルスを消せた、ということなんじゃないかな~と感じ、
早いうちでよかったですね~。 お酒を飲むことでウイルスが再燃するという話は
聞いたことはありません。また、治療期間に耳にした私のつたない知識でも、
お酒とウイルスの再燃は無関係なんじゃないかな~と思います。

toccoさん、32歳、お若いですね!
もう採血の結果も出て、治療の話も進んでいるでしょうか?
以前の治療と違い、今の内服薬での治療は、1型とⅡ型で副作用の違いがあるようですが、
とくに1型であればあまり副作用の心配も無いですよ。
Ⅱ型のソバルティに同時服用するレベトールが起こしているであろう(まだ原因が何かなのかなど、正確な話は聞いたことがありません)副作用がつらいようですが、
内服薬が出る前は、私たちも、注射+レベトールの併用を経験しましたが、
あくまでも、個人的にはレベトールの内服期間、半年か1年か、はっきり覚えていないのですが、今よりも長い期間でもガマンできる程度の副作用でした。
もちろん、副作用の出方は個人差があるので、言い切ることはできませんが、
ウイルスを消すための、3ヶ月間の服用であれば、立ち向かう価値と、その成果報告の大きさから見て、
充分すぎるほどの希望があると思います。
もう調べ終わっているかもしれませんが、治療費もほとんどの県で医療助成費があり月1万円で済みます。
これは、肝ガンがないことが条件です。 たとえ肝硬変でなくても、ウイルスでえダメージを受けた、
肝臓は肝ガンの注意はちゃんとしていく必要があるようです。
肝ガンが出ないうちに、医療助成を申請しサッと何気なく内服治療を開始してしまうのがベストだと感じています。

ウイルス性肝炎というと、とても怖いイメージがありますよね。
実際、怖いものだと思いますし、しかし、数ヶ月の前後でどうなってしまうほどの怖いものでもないんじゃないかな~とも、自分は、今は感じています。
ただ、テレビの特集では怖いもの、という具体例を30分程度の番組に凝縮して放送したりしているので、怖いですよね。 でもそれはウイルスが潜伏期間を追え、活動を始めてから40年くらい経った後の姿です。
とはいえ、1日も早く治療を開始するのが先々を考えるとベストだと確信しています。頑張ってください!

くぅさん、もう病院へ行かれていることを願うばかりです。
「発症してから」20年、その前に脂肪肝と言われているとのことですが、
会社の健康診断などでの、肝臓の数値はどうでしたか?
正常値内か、30~40など上限ギリギリをさまよっている感じであれば、まだよいのですが、
70とか100付近が続いていたりしていたり、健康診断そのものをしていなく採血の機会も無かったとしたら、
とても心配です。
肝ガンや、初期の肝硬変は自覚症状がありません。
先日知り合いに実際起こりましたが、インターフェロンを嫌がっていざ内服薬の医療助成費の申請をしようとしたら、
その際の申請のための書類作成時の精密検査で、本人は全く自覚症状は無かったのですが肝ガンが見つかり、
申請できなかった。ということがありました。内服薬も薬価が下がり1錠当たり8万円から5万円程度になりましたが、とても自費で出せるものではありません。
そうなると、治療のための金銭面でも治療が難しくなります。
ウイルス性肝炎には、単に肝硬変という症状だけでなく、慢性肝炎でも後期には食道静脈瘤(もしくは下肢静脈瘤)などの合併症が起こります。
これは1ヶ月ほど入院して、簡単な胃カメラで簡単な手術をしないと、飛行機に乗ったり、仕事で疲れたり、もちろんお酒では即、静脈瘤が破裂して意識を失い失血死となるそうです。
他にも、多くの合併症があり、私は母が慢性肝炎の治療をあまりしていなかったので、子供ながらに進行の仕方を最後の瞬間まで覚えています。
単に自覚症状のない仕事のできる状態が続くわけではなく、「発症してから」20年+脂肪肝でその間、治療をしてこなかったのであれば、合併症には充分注意したほうがいい時期になっているのではないかな~、と私もけして専門家ではありませんが、自身の体験と、周りの同じ病気の人、本、情報から強く感じます。
ぜひ、すでに病院に言ってくれていることを願います。
まだなら、仕事との併行、もしくは一旦休職、などの仕事との兼ね合いも、
この病気の大きな課題で皆さん苦労しているところなので、
真正面から、自分は本当はどうしたいのか? その気持ちと、仕事との兼ね合いの実際のやり方に向き合って下さい。
頑張ってください!

toccoさん、くぅさん、応援しています!

 

本日、服薬終わりました

 投稿者:けえ  投稿日:2017年 5月 2日(火)14時43分54秒
返信・引用
  30年以上前の輸血からの長い付き合いだったのですが、
平成29年2月8日からハーボニーの服用を始め
本日3ヶ月の診察でした。

1ヶ月目の採決で、ウィルス検出せずとなり
次回は1か月後にまた採血の予定です。

副作用はほとんどありませんでした。
このまま順調に推移してくれることを祈るばかりです。

迷っている方は、すぐにでも治療を開始することをお勧めします。
 

(無題)

 投稿者:tocco  投稿日:2017年 4月20日(木)11時13分12秒
返信・引用
  皆様はじめまして。
toccoと申します。
C型肝炎を調べて、ここへ辿り着きました。

娘を妊娠した時にC型肝炎2a型が発覚し、
時は流れ…ようやく治療開始への一歩に立ちました!

とは言え血液検査とエコーのみで…お薬服用までまだ至っておりませんが。
私はまだまだ知識も乏しく、病気に対してネガティブな考えしか浮かんできません。
本当にお薬でウイルス排除出来るのか?副作用は?費用は?など考え出すととても怖くなってしまいます。
皆様、治療や肝炎に対して戦っている実例を拝見させてもらい少し勇気が出ました。
ありがとうございます。
宜しければ皆様のネガティブ払拭方や、日常生活でこうした方が良いよ!などアドバイスございましたら教えてもらえれば嬉しいです。
32歳、これから頑張って治療に向かっていこうと考えています。
宜しくお願い致します!!!
 

ありがとうございます。

 投稿者:くぅ  投稿日:2017年 4月18日(火)21時01分31秒
返信・引用
  tapiさんへのお返事です。

何もわからない私に色々教えていただきtapiさん、ありがとうございます。
まずは病院に行き、詳しく検査をしてもらい先に進まないといけないと思います。
なかなか病院に行けないことが今はネックなのですが。。
そうは言ってられない気もします。

脂肪肝とも、初めてC型肝炎と診断された時に言われたことがありました。もう、21年前の事になりますが。
このサイトを知ることができ、勇気を頂きました。
本当にありがとうございました。
 

Re: 教えてください

 投稿者:tapi  投稿日:2017年 4月18日(火)14時11分8秒
返信・引用
  > No.1733[元記事へ]

くぅさんへのお返事です。

> 遺伝子検査で陽性としかわからないのですがこの数年はずっと肝機能の数値は悪かったような状態です。

ウイルス遺伝子検査が陽性、つまり現在C型肝炎ウイルスに感染しているということです。
肝機能の数値が悪いのは、ウイルスが原因の肝臓の炎症によると考えられますが、飲酒あるいは暴食が原因の
脂肪肝・肝炎によるもの、あるいはその両方が原因かもしれません。
いずれにしても、ウイルスを排除するのが健康を取り戻す第一歩でしょう。

ここ数年でC型肝炎の治療は劇的に進歩しています。12週間の服薬で、ほとんどの人はウイルスが消えます。
ただし心臓や腎臓に持病があると使えない薬などもあり、その他の副作用にも注意する必要があるので、
服薬中(およびその前後)に何度か通院する必要があります。
肝臓によほどのことがなければ入院はないと思います。
まずは、肝臓の専門医がいる病院を受診して、医師と相談して治療方針を決めてください。

なお、私は医療専門家ではなく、C型肝炎の治療を受けた元患者にすぎません。
この掲示板には、いろいろな情報をお持ちの人がいますので、追って有益なコメントがあると思います。
 

教えてください

 投稿者:くぅ  投稿日:2017年 4月17日(月)23時21分16秒
返信・引用
  はじめまして。この度、体調崩して血液検査受けた結果で肝機能の数値が悪く先生に指摘されたとき20年以上前にc型肝炎と言われたことを思い出しました。その時はショックを受けたのにそのままにしていました。。安易に大丈夫だろうと。。軽く考えててごめんなさい。
先生からは再検査と言われ遺伝子検査の結果は陽性でした。しかし仕事が忙しくて詳しい話を聞きに行けてません。でも大きな病院での治療が必要と言われました。
この最近体調を崩しがちで休んだのでもうこれ以上
休んだり早退もできず病院も行けないことが情けないです。
どなたか、教えてください。
遺伝子検査で陽性としかわからないのですがこの数年はずっと肝機能の数値は悪かったような状態です。
年齢も40代後半ですし、発症から20年以上も経つので治療はしなくてはと思っていますが病院ではどのような検査、そして治療で進めていかれるのでしょうか?
入院は必要ですか?
仕事がとにかく、1日の拘束時間が長く平日がなかなか休めません。例え飲み薬で治療出来たとしても検査等はどのような方法なのですか?

仕事もこの際、辞めようかそれとも続けれるのか、
と悩み心配ばかりです。

どんなことでも良ければ教えていただきたいです。

よろしくお願いします。
 

終わりました。

 投稿者:慎也  投稿日:2017年 4月17日(月)14時03分51秒
返信・引用
  先週の月曜日で検出せずになり昨日ソバルティとレベトール3ヶ月飲みきりました。
医者も酒飲んでもいいよとは言ってますが、復活したりしないのでしょうか?凄く不安です。
 

Re: 完治を確信

 投稿者:cat  投稿日:2017年 4月 8日(土)00時06分10秒
返信・引用
  > No.1728[元記事へ]

玄界灘さん、お久しぶりです。

治療二年後の検査結果も、「ウイルス検出せず」おめでとうございます!

玄界灘さんの一月あとに治療を終えた私も、今のところ「ウイルス検出せず」を

保っております。

医師の太鼓判があったと聞き嬉しいですね!

インターフェロン、インターフェロンフリー、それぞれの治療で、

ウイルスを撲滅した私たち皆の「ウイルス検出せず」が

継続していくことを祈っています。

私は、一昨日とったMRIの結果に次の診察までヒヤヒヤしています。



osyouさん、新たに加わった間質性肺炎の通院と、それ以外の治療、

楽しさもある学びなおしが両立できること、大変だと思いますが頑張ってください!

応援しています!


 

完治を確信

 投稿者:玄界灘  投稿日:2017年 4月 6日(木)18時18分36秒
返信・引用
  インターフェロンフリー治療を終えて3月でちょうど2年経ちました。
昨年12月の検査の結果が判明しましたが「ウイルス検出せず」でした。
医師ももう再発はないだろうと言っています。

catさんその節は(昨年9月)暖かいコメントありがとうございました。
お礼が遅くなり申し訳ありませんでした。
 

Re: 後、10日で治療開始です。不安で一杯?

 投稿者:ひまわり  投稿日:2017年 4月 1日(土)08時53分53秒
返信・引用
  ゆずさちさんへのお返事です。

おはようございますm(__)m
お返事ありがとうございます。
動悸とめまいは怖いですね。
最初の投薬日に心電図をとると主治医は
言っていましたが
会社の定期検診でいつも心電図で
異常があると言われますので
動悸に関しては本当に怖いです。
 

Re: 後、10日で治療開始です。不安で一杯?

 投稿者:ゆずさち  投稿日:2017年 3月31日(金)21時19分40秒
返信・引用
  ひまわりさんへのお返事です。

ひまわりさん、初めましてゆずさちです。
私も2月半ばからソバルディ&レベトールの治療を始めました。今約1ヶ月半です。
私の意見が参考になるかわかりませんが…。
ソバルディ治療が始まって最初に感じたのは胸焼けのような…なんとも言えない気持ち悪さと、熱はないけど、風邪のような頭がボーッとする感じ…それから動悸、めまいです。仕事は一回だけ早退しました。
今でも朝が特にひどいですが、会社に迷惑かけるのも嫌だし自分の辛さを言っても伝わらないので気合いと根性で(笑)負けてたまるかー!ってなんとか乗りきってます!(^_^;)
私も最初は始める前はすっごく不安で、不安しかなかったですが、ここの皆さんに相談して応援してもらい勇気をもらいましたょ♪
 

後、10日で治療開始です。不安で一杯?

 投稿者:ひまわり  投稿日:2017年 3月31日(金)13時21分33秒
返信・引用
  50代の主婦です。
もうすぐソバルディとレベトールの治療が
始まります。
心配性の為副作用が凄く怖いです。
仕事は普段通り出来ますか?
治療体験者の方色々教えて下さい。
宜しくお願い致します。
 

C型肝炎2型治療中

 投稿者:まじめです  投稿日:2017年 3月30日(木)04時08分43秒
返信・引用
  二人目の出産が連休で計画早産で陣痛促進剤で大量出血、薬剤(血液製剤)と輸血で急性肝炎から慢性肝炎に。子供の世話と仕事やっとと思ったら親の介護。倒れそうでした。補助金が認められて2月から開始。月1万円はありがたいです。でも頭痛が終わったら丸1ヶ月以上、38度3~5です。動悸もありもうのたうち回っています。親が亡くなり後のことで片付けで毎日大変です。そこへ親戚が事故死で暫く東北新幹線で行ってたら疲れて気管支炎が治らないので担当医師は副作用は貧血のみです。風邪だから近所の内科へとだけど内科の薬で治りません。主治医はお酒飲んでないかと聞きます。最初に寝酒のこと言ったので、一回も吸った事無いタバコまで聞かれました。辛いけれど大病院はそのようなものですね。諦めています。来月も法事でまた福島県です。疲れます。病院って心がないですね。  

Re: 残り1ヶ月切りました

 投稿者:慎也  投稿日:2017年 3月25日(土)14時20分4秒
返信・引用
  tapiさんへのお返事です。
ありがとうございます。医師によってマチマチなんですね。
そんな矢先昨日の晩に、ボケボケしてて薬を二回分飲んでしまいました…
せっかくパーフェクトできてたのにここで1回失敗してしまいました。飲み忘れよりは良いのか、よくわかりません。
治った方々の意見はすごく参考になります。
来週医師にいって相談してみます。
> 慎也さんへのお返事です。
>
> 飲酒については医者によって考え方がマチマチのようです。
> 私はダクルインザ&スンベプラで2015年に治療した者ですが、治療前も服薬中もそこそこ飲酒していました。
> 飲酒について主治医に正直に報告していましたが、特別な指導はありませんでした。
> 薬の添付文書にも、グレープフルーツジュースの飲用禁止しか書いてありませんでした。
> ウイルスが消えて以降は、好きなだけ飲んでいますが、肝機能の数値は良好です。
> とはいえアルコールの解毒は肝臓に負担をかけるので、肝炎患者でなくても飲まないにこしたことはないでしょうね。
>
> > ここに来て薬終わったら酒飲んで良いのだろうか?この副作用はすぐ無くなってくれるのでしょうか?
> > など、不安になってきました。
> > 経験者さんの意見が欲しいです。ヨロシクお願いします。飲んでる薬はソバルディ&レベトールです。
 

Re: 残り1ヶ月切りました

 投稿者:tapi  投稿日:2017年 3月25日(土)11時21分23秒
返信・引用
  > No.1721[元記事へ]

慎也さんへのお返事です。

飲酒については医者によって考え方がマチマチのようです。
私はダクルインザ&スンベプラで2015年に治療した者ですが、治療前も服薬中もそこそこ飲酒していました。
飲酒について主治医に正直に報告していましたが、特別な指導はありませんでした。
薬の添付文書にも、グレープフルーツジュースの飲用禁止しか書いてありませんでした。
ウイルスが消えて以降は、好きなだけ飲んでいますが、肝機能の数値は良好です。
とはいえアルコールの解毒は肝臓に負担をかけるので、肝炎患者でなくても飲まないにこしたことはないでしょうね。

> ここに来て薬終わったら酒飲んで良いのだろうか?この副作用はすぐ無くなってくれるのでしょうか?
> など、不安になってきました。
> 経験者さんの意見が欲しいです。ヨロシクお願いします。飲んでる薬はソバルディ&レベトールです。
 

残り1ヶ月切りました

 投稿者:慎也  投稿日:2017年 3月24日(金)11時45分26秒
返信・引用
  ここに来て薬終わったら酒飲んで良いのだろうか?この副作用はすぐ無くなってくれるのでしょうか?
など、不安になってきました。
経験者さんの意見が欲しいです。ヨロシクお願いします。飲んでる薬はソバルディ&レベトールです。
 

レンタル掲示板
/30